気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

ケンガンアシュラ 117話

      2016/07/31

第一部が終了してからおよそ4カ月ぶりのスタート。

前回、アギトに敗北し完全に心が折れていたと思っていた大久保ですが見事立ち直りアギトに再挑戦の決意を示したところはうれしかったです。
大久保は、呉一族の外しや桐生の羅刹掌といったビックリ人間技ではなく基礎技術を徹底した戦いでしたので大変見ごたえがあり好きなキャラでした。(勿論、外しを行ったライアンの描写も迫力があり好きですが・・)
やはり、格闘漫画である以上迫力を出すうえで超人的な描写も見ていて面白いですが、地味ながらも基礎を徹底した格闘技術描写も必要なのだと感じました。
今回の追加ルールですが、他の闘技者に変更できる点は、楽しみでもあり不安でもあると感じました。
いや、様々な思考が錯誤するのも面白いと思いますが、やっぱり2回戦で見たい組み合わせがかなりあるんですよ。 若槻VSユリウス、ムテバVS関林、桐生VS黒木。ガオランVSアギトは是非とも見たいです。もし、追加ルールでこの組み合わせが見られないと個人的にはかなりがっかりかなと・・・(まあ、ガオラン、アギトは雇用主を変更しないとは思いますが・・・)
さて、前回でおもっくそに醜態をさらしてしまいました王馬さんですが、なんかすごいことになってません?ぶっちゃけ大岩を破壊した描写なんですが若槻さんと大差ないようなパンチ力では・・・・
二虎の幻影が言った通り徐々に力を取り戻しつつあるようです。この分なら、前借を使えば雷庵とも勝負できそうです。(おそらく前回までの王馬さんでは茂吉と同程度、もしくは下な感じでしたので雷庵の相手にはならないかと)

長期休載を得ての2部ですが、かなり楽しみな内容ではないかと思います。1部では大会裏で色々と暗躍があったのでそっちのほうもトーナメントと同じぐらい期待しています

スポンサーリンク

 - ケンガンアシュラ