気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

ケンガンアシュラ 120話

      2016/07/31

さあ、いよいよ第二回戦の開幕です。

ちゃっかりジェリーさん解説役が定着しております(笑)氷室、金田、大久保も観戦しておりますが、そこに理人の姿はありません。黒木に敗北したことが尾を引いているのでしょうか。闘技場外で立っております。理人は好きなキャラで、心が折れたとは到底思えないので観戦に来なかったのは何か特別な理由があるのではと思ってしまいます。

さて、選手入場ですがコスモは1回戦のアダムとのダメージが残っており(そりゃあんだけ派手にボコラれたらね・・・)少々不安が残ります。一方阿古谷は、1回戦はほぼノーダメージで勝ち上がっています。やはりコスモがかなり不利な状況ですね。試合が始まりますが、その前になんとガオランの主であるラルマー陛下と片原会長が談笑しております。やっぱり二人は経済界の大物同士だけあって知り合いなのですね。片原会長に物怖じしない陛下も大物感があります。この辺、小物感たっぷりの速見会長とは違います。個人的に、ガオランとアギトはなんとなく立場が似ているので(お互いの最高戦力)この2人の戦いはいまから楽しみです。

大久保からコスモは切れやすい肌質とのこと。いや、切れやすいのはわかりますが1回戦の段階で地面にクレーターを作るビックリ人間的な戦いが結構あったので、いまさら地面と擦り合って出血で自滅なのはちょっとね・・・・(いや、わかるんですけどやっぱり今更何を言っているんだ感がします)
一方の阿古谷ですがやはりコスモの絞め技を警戒しております。圧倒的な身体能力差なのに慢心せず自分の土俵を徹底する姿勢、やはり強敵です。

コスモは警戒しまくっている阿古谷にどう寝技で対応するのかと思った矢先、まさかの打撃戦で阿古谷と戦う戦法をとります。ちなみに阿古谷の体重は114kg、一方コスモは68kgです。体重差約50㎏。正直言って無謀すぎます。少なくとも阿久 富士夫さんに打撃戦で苦戦していたコスモでは阿古谷相手には通用しないのでは? しかし、やはり何か考えがあるのでしょう。どうなるか楽しみです。

スポンサーリンク

 - ケンガンアシュラ