気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

トライガンマキシマム 2巻その2

      2016/01/04

その2です。

雷泥との死闘が終わり、なにやらウルフウッドが夢を見ている場面が始まります。孤児院の皆からはニコ兄と親しまれているようです。しかし、ウルフウッドは孤児院を守るためにあえて殺しの道を進んでしまいます。孤児の子供たちも抱こうにも汚しすぎてしまった自分の手では抱く資格がないと悟ってしまいます。中々複雑な状況ですね。突如、夢から覚めるウルフウッド。ヴァッシュが運転をミスり転倒してしまいました。何やっとんねんとばかりにヴァッシュに詰め寄るウルフウッドですが肝心のヴァッシュは衰弱しまくっています。なんでも6日も、炎天下の中交代しながら走りっぱなしだったとのこと。そりゃ倒れます(笑)ただ、ウルフウッドは普通にピンピンしているのはなんででしょう?体力は何気にヴァッシュよりあります?

近くの宿に泊めてもらうもこの宿の主人も何やら問題を抱えています。なにやら悪党に妻を連れ去られてしまったようです(事情を聞くとこの主人も悪いので自業自得感があります)しかし、ヴァッシュは見捨てることはできません。衰弱状態のまま主人の息子と一緒に助けに行きます。ここで、ウォッカを相手にかぶせライターで脅す方法をとり見事救出します。ただ、ヴァッシュの衰弱がひどすぎてライターおっこどしてしまい。悪党のアジトごとアボーンしてしまいます。

・・・あの~描写見る限りミサイルが直撃したみたいな感じになっているのですが。ウォッカ+ライターのコンボってそんな火力あります?まぁ、プラント製の酒なのできっとすごいのでしょう(すっとぼけ)
ほのぼの?パートも終わり、ヴァッシュ一行は、雷泥から聞かされた縁ある人達のところへ向かいます。なんでもその場所は巨大な宇宙船で100年以上も隠されていた住処だったとのこと。GUNG HO GUNGSに襲撃されあわや、阿鼻叫喚になっているのかと思いきや普通に人々たちは生活していました。これには、ヴァッシュは思わず安堵します。人々もヴァッシュに気づき、世間話を始める等ヴァッシュもうれしそうです。さて、問題はこれからGUNG HO GUNGSに襲撃されるであろうこの場所をどう守るかです。ひとまずは皆に囲まれ、涙をながしながら笑うヴァッシュ。これまで、外の世界では散々な目ばかりだったのでこの場面はなごみます。

 

 

 

まぁ、当然そんなわけはないんですけどね

突如、囲んでいた人たちが人形になりバラバラになってしまします。そうです、すでにこの住処はGUNG HO GUNGSに襲撃された後だったのです。一気に絶望に落とされたヴァッシュの表情は見ていて痛々しいです。犯人はGUNG HO GUNGSのレオノフ・ザ・パペットマスター、前巻の終わりに出ていた人形遣いです。ウルフウッドもこのやり方が気に入らず、瞬時にレオノフにパニッシャーをぶち込みます。しかし、そこは腐ってもGUNG HO GUNGSです。自身の人形を遣い、重機関銃を防いでしまいます。どんだけ~

ここで、レオノフのご高説が入りますが、瞬時に空気が変わります。ウルフウッド、レオノフ共に固まります。ヴァッシュです。先ほどまでうつむいていたヴァッシュがようやく顔を上げます。(このときの1ページ丸々つかったヴァッシュの顔は、今までの表情とは一線を画していました)ヴァッシュが放つあまりにも、生物的に格が違いすぎる空気に気圧されるレオノフ(汗、だくだくです)一触即発と思われた瞬間、地面から巨大な手が。2巻冒頭でデカ物かませ犬さんを葬ったGUNG HO GUNGSの一人グレイ・ザ・ナインライブズの登場です。いいところですが、2巻はここで終了です。

次巻からは、ヴァッシュVSレオノフ、ウルフウッドVSナインライブズの攻防に移ります。

スポンサーリンク

 - トライガンマキシマム