気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

IT'S MY LIFE DAY27 

      2016/07/31

IT'S MY LIFE DAY27 の感想です。

今回は珍しくお馬鹿竜人兄弟がメインの話でした。
いつも通りアストラ様がいないのを確認しノアちゃんの銀眼を狙う馬鹿兄弟。
当然、うまくいくはずもモタモタするうちにアストラ様が来てしまいました。
分かっていたことですが、アストラ様のシャツ姿を見るとやはりすさまじいガタイです。筋肉もりもりです。
あっという間に素振りの一撃ではるか彼方までふっとばされてしまう兄弟。

今更ですが、アストラ様の一撃を食らっても普通に立ち直る兄弟のタフさは素晴らしいものがあります。
ここで、弟は自分たち盗賊向いてないんじゃないの?という至極まともな意見を出します。やっと気づいたか・・
しかし、兄者はそうとは思いません。やっぱり馬鹿です(笑)
でも、一応空き巣は成功しているのですね。逆に驚きです。

盗賊を辞めて、故郷に帰るつもりは一向にない兄者。なにか事情がありそうです。
そんなこんなで珍しくシリアスな話をしていますが、ここでおいしそうな匂いが漂ってきます。
食料を奪うべく、襲い掛かりますが相手はまさかのローズさんでした。
なにもできないままローズさんの気迫に押されてあえなく捕まっちゃいます。ホントよえーなこいつ等・・・
なんでも騎士団の野営地だったとのこと。実力もなければ運もない兄弟で涙が出てきます。

挙句の果てに飯を恵んで貰うなどプライドもへったくれもありません。あまりにも清々しくて好きです。
ローズさんは、誇り高き竜人がなぜ野盗などをしているのか問いただしますが、ここで兄者が口を開きます。

「誇りで飯が食えるのか?」と・・・
兄者は語ります。昔、英雄と呼ばれていた父はそのつまらない誇りの所為で、負わなくても良い傷を負ったり、自尊心の所為で逆に家族を傷つけ、離れ離れになってしまったと。

兄者の鼻傷はその時の負った傷でした・・・・
竜人という種族にもかかわらずコソ泥まがいのことをしていたのもそういった背景があったのですね。
過去を話し終え、いい感じで立ち去ろうとする兄弟。
しかし、ローズさん。だからと言って盗賊が許されるわけではありませんと、あまりにもド正論を述べ、二人を帰しません。流石です。言われてみれば当たり前のことです。

これには、竜人兄弟も驚愕し、見逃してくれるパターンじゃないの?と思わず言っちゃいます。んなわけねーよ!!どこまでもめでたい頭の兄弟です。
ローズさんから、散々ダメ出しを食らい意気消沈の兄弟ですが、そこでローズさんは紹介状を渡します。
竜人騎兵団の紹介状です。なんと、ローズさん2人に更生のチャンスどころか食い扶持の場所まで与えてくれたのです。甘すぎです。この時のローズさんの姿も美しく、まさに女神さまです。

なんでもその騎兵団の団長は昔、兄弟の父親に救われたそうです。
ここへきて、散々馬鹿にした父親の誇りに助けられた兄弟。やはり、誇りというのもまだまだ捨てたものではないようです。
めでたく兄弟は、騎兵団に入団し、その身を役に立てるのでした。めでたしめでたし・・・・
なわけないですよねー
なんと、この兄弟、騎士団の紹介状はめったにないお宝で売り払って飯のタネにしてしまうのでした!!
バカヤロー!!
ローズさんの好意を踏みにじりやがって。そこは、騎兵団にいく流れだろうが!
まぁ、逆にいつも通りの馬鹿兄弟で安心しましたが(笑)

今回の、話で馬鹿兄弟の過去が明らかになりました。
いや、意外と重い過去を背負っているのですね。逆にビックリしました。
しかし、行動はいつも通りバカまっしぐらで当面はこのまま極貧生活でしょう(笑)
いやー途中までは意外といい話できれいに終わるのかなーと思ってましたが最後の最後でまさかのどんでん返し、お見事です。今回も楽しめました!!
ただ、頑丈さが売りの竜人、しかも英雄が階段から落ちて半身不随というのはどういうことなの!?
ワンピースでくいなが階段から落ちで死んじゃったみたいな違和感が・・・

スポンサーリンク

 - IT'S MY LIFE