気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

ジャンプ 2016年 5・6号

   

ジャンプ 2016年 5・6号 の感想です。

ワンピース 811話

相変わらずシーザーはこういう兵器に関しては終始一貫していていいキャラだと思います。
使ったのは俺じゃねぇぞとかマッドサイエンティストとして最高です。いや、おめぇが元凶だよ!!
自分が作ったとはいえ一蹴で毒ガスを中和しちゃうシーザー。やっぱりこの人は、戦法さえしっかりすれば普通に最強の座も狙えると思う。能力もスモーカーの完全上位互換だしね・・・
あと、こんな毒ガスまいちゃったカイドウ一味も無事なんだろうか。見たところ遅行性の毒だし。後々響いてきたら笑える。
最後に出てきたぺコムズですが、風貌通りゾウ出身らしいです。ビッグマム一味がどう絡んでくるか楽しみです。

僕のヒーローアカデミア No74

ヴィラン乱入ー!!
ピクシーボブ瞬殺ー!!
もうちょっと見せ場というかなんというか・・・,まぁ彼女は土で地形操作をして一発で戦況を変えられる可能性がありますから真っ先に仕留めるのは良いと思います。どっかの漫画とは違います。
このトカゲヴィランもデザイン的に中々悪役っぽくて好きです。(なんかかませにされそうだけど・・)
先生たちもいますが、今回はオールマイトがいません。状況的に雄英のときより厳しそうです。


暗殺教室 第170話

たった1%だぞ(寺坂) 
いや、1%ってこの場合の確率としては余りにデカすぎですよ。もちろん、殺せんせーと付き合ってきたE組の感情的な言い分もわからないでもないですが、やっぱり全体として考えたらこの発言は余りにも思慮が足りない発言です。
あと、郡狼(笑)と戦ってきた中で形ひとつ崩れていないケーキすげぇ!!
ケーキひとつ崩すことができない最強の傭兵部隊(泣)・・・・・
シロさんは、ケーキぶっ潰す隙があるならさっさと攻撃すればいいんじゃないかと思いました。
それと、殺し屋の新デザインがもはや雑魚臭しかしません(笑)

 

食戟のソーマ 第149話

久々のアルディーニ兄弟登場です。ぶっちゃけここんところの叡山先輩のキャラが濃すぎたため
ああ、こんな人たちいたなーと思っちゃいました(笑)
叡山 ←ソーマを代表する素晴らしい顔芸キャラ
こんなの出されちゃ生半可なキャラの個性なんか吹っ飛んじゃいますよ。

一色先輩ですがやっぱりこの人は裸エプロンですよね。新体制になってからスーツ姿ばかりだったので違和感感じまくりだったので落ち着きます(≧▽≦)
そして、最後はマジでホラー漫画家と思っちゃいましたよ。
パパさん怖すぎです。うん、これはえりなちゃんは逃げていいと思う。あとは、パパさんが叡山さんに次ぐネタキャラになってくれたらうれしいです。

 

トリコ 第353話

ここ数週間は、正直あまりのつまらなさに愕然としていたトリコでしたが、ようやくバトルが再開しそうでうれしいです。ネオの断片と八王のバトルですが、もはや勝負なのかってくらい八王の圧勝でした。これを見ると捕獲レベル4000台の猛獣とはやはり格が違いすぎます。本当に馬王と猿王の捕獲レベル6200と6000ですか?かるく10000はあるんじゃないでしょうか?
後、マザースネークの体長22万キロって・・・(地球一周が大体4万キロくらいです)相変わらずスケールがめちゃくちゃで笑えます。
さて、バトルウルフとトリコ&スタージュンですがどうやらバトルウルフはトリコ達よりもその背後にいるネオの断片に意識が向いているようです・・・
あの、ひょっとしてここの所のトリコ爆上げに続いてまた、トリコ爆下げですか?もはや様式美か
トリコよりもネオの断片を見ているということはひょっとしてトリコはそれ以下?
来週当たりに、これまでのジンクスを弾き返してネオ断片をトリコが瞬殺してほしいです。

前衛のアーチャー 

久しぶりにこの人の作品見た気がする。内容はう~ん、全体的にきれいすぎるような・・・
絵もまとまっていて、内容もわかりやすい。どっちかというとまぁまぁ面白いんだけどすべてにおいて淡泊すぎるかんじが・・・あえてそうしているのかもしれませんが。
最後のボスを倒した時も、えっこれで終わりと思っちゃいました。
やっぱり何かしらのインパクトがほしいですね。黒子のバスケは、テニスほどじゃないけど超人バトルスポーツ漫画で中々楽しめましたし・・・

火ノ丸相撲 第79話

大関と取らせてくれるということで、意気揚々と名古屋へ赴く潮達。途中、名古屋城ではしゃぐ姿を見るとやはり年相応の高校生です。普段があまりに達観しすぎていてこのギャップがほっこりします。あと、潮歴史詳しいですね。それと、相撲意外だとやはりお馬鹿さんですね(テストもぎりぎりだったことから)
さて、名古屋で早速国宝と激突することになった潮。この展開の早さは流石です。見たところ突きをメインの戦法なのかな。ユーマさんのよいライバルになりそうです。

左門君はサモナー 第15話

今回はボウリング回でした。悪魔の中でも最高レベルなアンリちゃんですが、心はとてもピュアでほっこりします。ネビロスさんもババァって言ってましたけど、アンリちゃんいくつなんでしょうかね?
さて、みんなで楽しくボウリングですがよりにもよって左門とネビロスさんのコンビ(笑)
負のオーラがすさまじいです。
相変わらず、屑さが目立つ左門君。(拍手場面のあまりのカスっぷりは流石の一言です)見てる分には最高に面白いんですがこんなのが身近にいたらと思うとネビロスさんの心情お察しします。
この漫画、初めはまた打ち切り候補かよと思ってましたが順位も少し上がっている?様に見えますので、今の所安心しています。


ブリーチ 第657話

前回、おしゃれを重視したあまり油断して夜一さんの攻撃を食らったナックルヴァ―ルさん。夜一さんも速攻で止めをさしに行く感じはとても良いのですがいかんせんこの漫画では、そんな行為は完全に裏目です。当たり前のように、無事なナックルヴァ―ル。
しかし、ここでまさかの夕四郎君参上。

yuusirou
いや、マジでかわいいんですけど。やばい何かに目覚めそう・・・
何気に普通に強かった夕四郎君。どっかの天才かませ隊長よりもはるかに強そうです。
しかし、ナックルヴァ―ルの致死量能力の前には効果薄いです。
来週はナックルの反撃が始まるのかな。だとすれば夜一さんのリョナが見られるかも(ゴクリ)
ちょっと期待しています。

スポンサーリンク

 - ジャンプ感想