気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

ジャンプ 2016年 7号

   

ジャンプ 2016年 7号 の感想です。

ワンピース 812話

ぺコムズよえー!!
いや、故郷の恩人への感謝はわかります。ただし、カポネの言い分もまた正しいです。
しかし、そんなことではなく最悪の世代だったしてもあっさりとカポネにやられちゃうのはいかがなものでしょう?
そして、サンジですがヴィンスモーク家とはなんでしょうか?実はサンジはとても身分の高い人物(天竜人、王族?)なんですかね?
この所サンジの影が薄すぎたので注目が集まるのはうれしいです。

僕のヒーローアカデミア No74

トカゲヴィラン(スピナーさん)の人表情と言動が噛ませ犬っぽい(泣)
それとイレイザー先生、簡単に攻撃を食らいすぎではありませんか?さすがにこれで退場じゃないよね?
さて、各地で戦いが始まりましたが、デク君はどう戦うのかが気になります。敵ヴィランの人も身体能力がとんでもなさそうですがここでトレーニングの成果を少しでも見せるのかな?それとも二人で逃げる作戦を立てるのかな?気になります。
あと、物間君のメンタルは本当にすごいと思います。多分この人絶対大物になれるよ!!
身近にはいてほしくない人だけどね。


暗殺教室 第171話

圧倒的にパワーアップを果たした、2代目死神になすすべなく蹂躙されてしまうE組の皆さん。
ここらへんの強さはどっかの最強傭兵(笑)部隊とは違います。
あと、柳沢さんがちゃんと自らを犠牲にして覚悟をもって戦いに臨んできたことは良かったです。復讐の為にここまで一貫していると清々しくてすっきりします。
2代目もマッハ40ですが、殺せんせーと比べても2倍の速度で基本性能を上回ります。
でも、なんというかあまり危機感がないんですよねー。なんか、意外とどうにかなりそうな感じがします。
というか、マッハ40とかすごいんですけど今週のトリコとかがとんでもない描写をぶちかましてくれているのでなんかしょぼく感じます・・・・

食戟のソーマ 第150話

エリナパパが、普通にソーマの父親を尊敬していたのは意外でした。てっきり何らかの確執があるのかと思っていましたよ。しかし、あれですね親子そろってソーマパパの憧れているのですね。
エリナパパの話からすると今の極星寮は、レベルが落ちているみたいです。裸エプロンを華麗にスルーするところはシュールすぎて笑ってしまいました。
そして、最後の見開きですが来週エリナパパのリアクションが楽しみです。
願わくば叡山先輩見たく顔芸を披露してほしいところです。

トリコ 第354話

瞬時に二人の後ろに現れたネオの欠片ですが、ここでトリコ達のグルメ細胞の悪魔が出現しはるか上空まで吹き飛ばします。しかし、たいして効いていない感じからすると多分八王とトリコの実力差はお察しくださいだと思います。(泣)
ついこの前まで自信満々だったのはなんだったのでしょうか?もはや笑えません
ここんとこのトリコは強いと見せかけ、弱いということが多すぎる感じがします。
狼王ギネスの強さは流石で一瞬でネオの欠片を葬ってしまいました。ギネスの攻撃の余波で数百キロも吹っ飛ばされるトリコとスタージュン。もはや、ドラゴンボール並みの描写です。ガララワニで騒いでいたころが懐かしい・・・
ギネスのスンスンはなんでしょうかね。魂を吸い取っちゃうのでしょうか?
あと、スタージュンがもはやただの噛ませ犬にすらなっていないのは少々残念です。

フードファイタータベル

久々のうすた先生の読みきりでした。
内容はいつも通りのうすた先生らしい感じでした。ただ、少々失速感があったかな?
読んでいてやっぱりジャガーさんみたいな漫画がないジャンプはどこか物足りないと感じました。

火ノ丸相撲 第80話

潮の技があっさりと対策されとる・・・・対策早すぎじゃないでしょうか・・
いつもとは違い明らかに気落ちする潮。
しかし、死にものぐるいで身に付けた技がたった一週間程度で瓦解するのですから、心が折れても不思議ではありません。
冴ノ山関が気落ちする潮を励ますのは良かったです。そして、すぐに気持ちを切り替える潮は流石だと思います。

左門君はサモナー 第16話

めずらしく左門君がいいことしている・・・・・・(実際は、社長の言い分もあるのでいいこととは言えませんが、普段がゲスすぎるのでいいことしているように見えます
いや、主人公なら当たり前のことですが今までの左門君の所業をみているともはや違和感しかわきません
そして、建設作業という体力勝負をする人たちにべヒモス先輩は反則だと思います。
うん、べヒモス先輩の能力はめちゃくちゃ汎用性が高すぎると思います。(それで紳士なのですから素晴らしいです)
あと、イフリートを召喚するあたりやはり左門君の実力はすごいのだと思いました。これであの人間性なのですから、ホント性質が悪いです(笑)


ブリーチ 第658話

ナックルさんの能力「致死量」により、もはや霊圧による攻撃が通じなくなってしまいました。なんか、今回の敵なんですけど軒並み不死身すぎる連中が多すぎると思います・・・
そして、あっさりとやられちゃった夕四郎君。Oh・・・・
どうでもいいですけどいくら免疫が凄くても今まで負った外傷は回復しないと思うのですが・・
場面は変わってジェラルドさんに移ります。どっかの0番さんみたいにおっきくなっちゃったジェラルドさん。他の隊長達は全滅なのでしょうか?
すると、どこからわいてきたのかヴァイザードの皆さんが加勢に来ます。いやーこれほどまでに頼りない加勢というのも珍しいと思います。
当然の如く、虫けらの如く蹴散らされていくヴァイザードの皆さん。破面編の時から思ったのですが、この人たち必要だったのでしょうか?
ローズ、拳西といいクソの役にも立ちません。(ハッチは除く) 
なんと、ここで噛ませ犬天才日番谷隊長がまさかの参戦。てっきりゾンビ化でマユリ様に倒されてからずっと終わるまで放置だったと思っていたのですがここでジェラルドさんの腕を凍らすというすご技を見せます。
まぁ来週にはいつも通りソッコーでかませにされそうですが・・・・

スポンサーリンク

 - ジャンプ感想