気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

ケンガンアシュラ 138話

      2016/07/31

ケンガンアシュラ 138話感想です。

さぁついに人外の超肉弾戦対決です。

初めの立ち上がりはほぼ互角。両者にらみ合います。というよりこの際のユリウスがマジでモンスターに見えます。身長3mあるだろ!!それに立ち向かう若槻さんが勇者のようです。
若槻さんが一歩早く攻撃に出ます。
おもいっきりユリウスの腹に殴りこみます。見た限り、手加減などしているはずがないのでおそらく室渕等の100kg前後なら吹っ飛ぶ威力でしょう。しかし、そこは200kgを超える化物です。
意に介さずにラリアット気味の打撃で190kgを超える若槻さんを後退させます。

5mくらい後退する若槻さん。ユリウスはその隙を逃さずここで一流陸上選手にまけない瞬発力でタックルします。此時の迫力といったらもうね・・・・
普通の巨漢ならこのタックルだけで全身が粉々になりそうです。

フェンス壁に若槻さんを叩きつけます。あまりの衝撃に壁が粉々になってしまいます。
・・・・今更なんですけどこの闘技場の壁って一応コンクリートなんですかね?いや、この対決に限らずバンバンぶっ壊れているので、これがコンクリートだったらもう、人体の物理的耐久力がおかしすぎるんですが(汗)
正直この2人なら、筋肉で銃弾も跳ね返しそう。

壁にたたきつけられ、動きが上手く取れなくなった所でユリウス渾身の右拳をまるで重機のごとく振り下ろします。こんなん普通の人間が食らったらミンチになりそう・・・
しかし、そこは若槻さん。巧みに回避し、蹴りでユリウスを仰け反らします!!なにげにガードごとユリウスを怯ませるあたり若槻さんもほとほと怪物です。今度は若槻さんのターンです。
顔面に右をぶち込み(これ、ユリウス顔面陥没してるやろ(笑))ラッシュでユリウスを攻め立てます。流石のユリウスもこの暴風のようなラッシュの前にどんどん後退していきます。

このまま決めて欲しいといきたいところですが、次の瞬間若槻さんの顔面がユリウスの張り手で大きく歪み、吹っ飛びます。これ、なにげにユリウスってすげー体柔らかいですよね。これほどのイカれた過剰筋肉搭載でここまで体をひねることができるなんて・・・・

ここで仕切りなおしです。しかし、お互いまだそこまでのダメージはないようです。ここまでは互角か!?
多分この殴り合いをまともに行ったらアギトでもキツイと思う。純粋な身体能力という意味ではこの2人はアギトを大きく凌駕しているでしょう。アギトも130kg近い化けもんですが。この2人に比べたら軽量級もいいところですからね。

 

ズン、ズン、ズン、ズン、ズン、ズン、ズン

互いに近づいていきます。

そしてーーーーーーーー

 

ゴッ

 

お互いに一歩も引かず殴り合います。
まるで関林VS鬼王山のようです。おそらく威力はあの戦いを凌駕するでしょう。一発一発が即死級の威力です。
これはエレナちゃんの言うようにもはや、人間が指定医殴り合いではありません。

しかし、この状態もついに膠着状態が解かれます。筋力は互角と思われてましたが、如実に差が現れ始めました。
それは、耐久力。もともと、体格的にはユリウスが圧倒的にでかいです。すなわち骨格も段違いで総合的な耐久力は若槻さんでさえも凌駕しました。今回のような力が互角な殴り合いではその耐久力の差はあまりにも大きすぎました。

ユリウスの渾身のダブルスレッジハンマーが炸裂します。
あまりの威力に地面に体全体がめり込んでしまいます。もはやギャグ漫画でよく見られるような描写です(笑)
まぁユリウスの体重を載せた打撃ならこのような芸当も可能でしょう

これは勝負あったか!?やはり若槻さんは勝てないか!?

 

 

 

 

 

 

ズドォッ

 

突如ユリウスの体に衝撃が走ります。あまりの衝撃に脂汗ダラダラになるユリウス。なにげにこんなにヤバイ表情のユリウスは初めてです。
あまりの逆転っぷりの状況に皆驚きます。

吐血しながら大きく体勢を崩されるユリウス。これは内臓系にダメージいったか!?

若槻さんがアギトに言っていた奥の手です。その名も「爆芯」。滅道の牙用の切り札です。
これで勝負はわからなくなってきました。筋力だけでなく「武」も身につけた若槻さんの牙はこの異常筋肉要塞を崩せるのか!?

今回も、期待していたどおりの超肉弾戦でした。いやーこういう技もへったくれもない純粋な殴りあいっていいですよね。見ていてスカッとします。もちろんこの化物2人だからこその迫力あってのものですが・・・・
今回見る限り力そのものは両者そんなに差はない感じですかね。ただ、体格差というものはやはりでかいですね。もし、アギトだったらこのユリウスをどう仕留めるんでしょうか。少なくとも大久保戦で見せた時の打撃ではユリウスには通用しなさそうです。

あと、ユリウス、たしかに筋力はすごいのはわかりますがなんで顔面おもいっきり殴られて平然としているんですか?普通顔面の骨粉々になるだろ(笑)と突っ込んじゃいましたよ。顔面の筋肉もきたえあげているのですかね。若槻さんは、百歩譲って顔面部分の筋密度も52倍だと考えればまぁ納得できます。ただ、それだと表情筋がすごすぎて顔の形も凄いことになりそう(笑)まぁそこまで突っ込むの野暮でしょう。

最後に出てきた爆芯ですが、どういう技なのでしょうかね。名前の如く的確に急所を捉えて内部に衝撃を加えるのでしょうかね?陸奥圓明流の無空波みたいなもんですかね。まぁ次回以降明らかになるでしょう。

それにしても先に切り札を見せてしまった若槻さんですが、流れ的には大丈夫ですかね。某死神漫画では先に切り札を出したら十中八九負けるので(汗)もちろんユリウスも切り札を隠しているでしょう。これで実はユリウスもをもっていたって展開もいいんですが、どうせならジャックハンマーみたくマックシングみたいなことをやって欲しいです。

スポンサーリンク

 - ケンガンアシュラ