気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

ケンガンアシュラ 140話

      2016/07/31

ケンガンアシュラ 140話感想です。

 

人外の超肉弾戦ついに決着!!

 

意外と決着するの早かった(笑) あと数周は引っ張るのかと思っていましたよ。
それにしても、今回もはや人間の範疇超えてない?ってレベルの攻撃でしたよ。

前回でユリウスからのだいしゅきホールド♥ベアハッグを受けて、まさに肉体的に精神的にも大ピンチな若槻さん。これほどのゴリゴリマッチョの熱いホールドを一身に受けては、悶絶するのもわかります。

それにしてもメシメシメシメシって・・・ミシミシミシミシならわかりますが微妙にご飯が食いたくなる擬音だな。

この地獄の拘束から逃れる為に、脇腹を打ち付けますがやはり、この筋肉要塞には効果薄です。

 

 

何だと?

 

突如、ブリーチばりにユリウスの脳内に疑問形が・・・
先程までがっちりホールドしていたはずの男に異変が起こったのを感じ取ります。

 

 

縮んでいく?

 

 

なんと、若槻さんみるみる内に収縮していくではありませんか。そんなにユリウスのホールドが凄まじいのでしょうか?
否!!

若槻さんが自分の意思で収縮しているのです、このバネにも似た異常な筋肉の収縮は・・

 

爆芯!!

 

そう、爆芯によってその反発力を利用してユリウスのホールドから脱出を図ろうとしたのです。

この試みは大成功!! ユリウスの筋力を持ってしても爆芯の反発力は止められなかったのです。攻撃オンリーと思われていた爆芯にこのような使いみちがあったとは・・

これって下手すりゃ間接攻撃決められても、状況によっては爆芯で対応できるのはないでしょうか? 意外と使いみち広そうだな・・・

しかし、ホールドが解かれた所でユリウスの攻撃は止まりません、すぐさま左腕を掴み引き寄せます。なんとか、若槻さんも攻撃を加えますがユリウスは頭突きで体勢を狂わせます。

怯んだ所で、顔面ごとフルスイングばりの勢いで地面にたたきつけます。
こんな強烈な叩きつけ、普通の人間が喰らったら文字通り頭がぺしゃんこになりますよ。

しかし、ユリウスの攻撃はまだまだ止みません!!

なんと、193kgの若槻さんをスーパーの買い物袋如く軽く持ち上げ、壁に顔面を叩きつけます。それだけでは終わりません、

どこぞのヘルシングのゾーリンさん見たく、壁ごと顔面をもみじおろしにされてしまう若槻さん・・・
いくらなんでもやり過ぎですよ。あんたの怪力は吸血鬼以上か(笑)

なによりもすげーのはこんなもみじおろし喰らって普通に顔面の原型をとどめている若槻さん。 つまり耐久度なら若槻>>>>ゾーリンってことになります。
人間やめ過ぎだろ!! 二人共!!

そして、再度グラウンドに投げ飛ばし、ユリウス渾身の全体重をかけた右の振り下ろし!!

・・・・・あの、すみません。なんか威力が超破壊拳ばりにとんでもないことになっているんですが・・・

これって一応、格闘技漫画でしたよね? なんかユリウスさん、別の漫画から連れてきたのでしょうかってくらいの人外っぷりなのですが・・

そして、追い打ちをかけるようなゴリララッシュ!! そして、こんなんでも原型をとどめなおかつ意識がある若槻さん・・・・

こいつら正攻法の打撃で仕留めること無理なんじゃね?ってくらいの耐久力です。

これでもかってくらいのラッシュで追い打ちをかける如く沢田をぶっ飛ばした見たく再度壁に若槻さんを投げ飛ばすユリウス。

193kgを超高速で投げ飛ばすってすげぇな・・・こいつがピッチャーやったらボールを音より早く投げそう(笑)

あまりのユリウスの攻撃ラッシュに若槻さんは過去を回想します。アカン、過去の回想は敗北フラグや!!

過去、アギトに無残に敗北を喫します。そして、その敗因とも言える右足首の傷。その曲がり具合から相当の攻撃を加えられたのでしょう。若槻さんの超肉体を破壊するのですから、単純な関節技というよりも若槻さんの攻撃を利用した、カウンターで破壊したのでしょうか?

いずれにしても。「芸がないな 仔虎」と言われたあたり、過去のアギト戦ではその身体能力を物を言わせた戦法をメインとしていたのかもしれません。単純なパンチ等の攻撃ならば若槻さんに断然分があるはずですが、いかなる攻撃も「当たらなければどうということはない」なのでやはり、アギト相手には卓越とした「武」も必要となってくるのでしょう。

あと、なにげに回想編で初見がでていましたね、描写的に良いようにあしらわれている感じがしましたのでもう一つの1敗は初見なのでしょうか?
たしかに、合気道で若槻さんの攻撃をいなしてしまったら脅威ですね。相性的には若槻さんにとってかなり悪いでしょう。

この2敗の経験から若槻さんは、身体能力だけでは足らないと考え、爆芯みたいな技を身につけたのでしょう。
ただ、この爆芯も洗練された技というよりおもいっきり身体能力だよりな気がしないでもないですが(汗)・・・・

回想が終わり、顔面の皮も半分消失しもはや、見た目的にも続行できるのか?っていうくらいのダメージ。

しかし、若槻さんは諦めず攻撃を仕掛けます・・・

爆ーーー

 

 

ドグォッ

 

爆芯が放たれる前にユリウス渾身のケリが襲いかかります。どうやら爆芯発動のタイミングすら見切られたみたいです。

・・・残念ながら奥の手がこの有様になってしまった以上、若槻さんに勝ち目はありません・・・・・・

天然VS人工の大決戦は、人工のモンスターが制したのでした・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはなかった!!

 

誰もがダメかなと思ったこの瞬間、なんとユリウスの顔面が変形しているではありませんか!!

超至近距離からの右ハイキック!!

なんと、敗れた思った爆芯。これさえも囮だったのです。爆芯の攻撃力で十分警戒させる。もし、爆芯を放とうとすれば、相手は必ず対応しようとする。その隙に合わせて予想外の攻撃を畳み込む!!

これが若槻さんの、戦法だったようです。ユリウスも完全に無防備なアゴ部分へあの若槻さんのハイキックをもろに喰らってしまいますた。並の人間なら、首と胴が離れててもおかしくないでしょう。

そして、体勢が崩れた所で再度、顎へ渾身の回し蹴り!!

顎どころか顔面全体が大きく変形します。 グルンっと白目を向いて斃れるユリウス。

今度こそ本当に勝負ありです。

 

 

勝者 若槻 武士 !!!

 

まさかのユリウスが敗退。恐らく東電最高戦力ともいえるユリウスが敗北とは・・・・展開的には意外でしたね。

これ速水さんどうするんでしょうかね。確か、以前

 

ユリウス

 

んなこと言ってたような・・
え~確か闘技者は、ユリウス、目黒、殿、サーパイン、賀露、根津の6人でしたよね?

ただいま生き残っているのはサーパインのみ。

・・・・・・・・・・え? 盤石どころか2回戦中盤で早くも崖っぷちですよ!! 速水さん!!

ま、まぁ速水さんは、天狼衆とか裏で色々やっているからまだまだ隠し玉があるはず(震え声) あるよね?

次で脂汗ダラダラの速水さんがいたら爆笑です(笑)

それにしても、今回ユリウスは、最後の打撃は2発で終わってしまいました。ユリウスの攻撃は、ただ力任せに打ち付けるだけで、急所等はそれほど的確に狙っていませんでした。対して若槻さんは、顎を的確に、間髪入れずに渾身の打撃を繰り出しました。耐久力では、若槻さんを凌駕していたユリウスですが、さすがの彼も急所を渾身の超破壊力で撃ちぬかれては耐えられなかったのでしょう。

まぁ正直ってあんだけボロ雑巾にやられまくって反撃したら、あれ? 若槻さんってユリウスより耐久力あるんじゃね?って思いましたけど・・・・
今回はそういうことで納得します(笑)

で今回の試合ですが、確かに迫力もあり面白かったのですが、少々あっさりしすぎじゃね?とも思いました。いや、超期待していた試合だったのでそのぶん、あれ?ユリウスこれで終わり?
ああっこれじゃ、ユリウスはムテバさんに勝てねぇやと感じました。

ユリウスが如何せんただの超高性能なインテリマッチョだったのでやはり、ジャック・ハンマーばりに薬を使ってでも得た圧倒的な奥の手というものがあるかと思っていました。そして、人類最強筋力に相応しい圧倒的な力を見せて欲しかったものです。

(いや、クレータ作ったり人外すぎて十分凄すぎたのですが、それ以上に若槻さんの耐久力がとんでもなくて・・・)

正直、今回の試合じゃ、あれ、若槻さんと力勝負、そこまで大差なくね?の感じが凄いです。

そして、この2人はこの試合でもうカードを全て見せてしまった感が強いですね。正直、もう爆芯の攻撃方法を見られてしまった以上、アギトには通用しなさそうな気がします。むしろ、カウンターでとんでもない攻撃がきそう・・・・

そして、顔面半分の皮がなくなってしまった若槻さん。いや、これで済んだだけでどんな耐久力だ!?と思いますが、今後どうするんでしょうか。
刃牙ではしばらくすれば元通りになりますが、英先生がなんとかしてくれるのかな。

少々物足りなかった点は有りましたが、圧倒的な画力、迫力で熱い試合に変わりありませんでした!! 次回のムテバさんの活躍も期待しています!!(もちろん美女とセットで・・)

スポンサーリンク

 - ケンガンアシュラ