気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

刃牙道 110話

      2016/07/31

刃牙道 110話感想です。

・・・・・えっとピクルどこ行った????(笑)

え?いつの間にか相手がガイアになってるんですけど。なにこれ?

武蔵に、名刀金重を与えてしまった徳川さん。

そして、徳川さんの眼前にいるのは我らが守護キャラ、本部以蔵です。

相変わらず本部は、武蔵VSピクルにダメ出しをします。

偉そうなことを行ってますが、なんだかんだ行って、勇次郎相手には啖呵をきり汗ダクダクでビビるわ、着込んでいたのにもかかわらず、今では、大して凄くなくね?と思ってしまう武蔵の無刀で気を失ってしまう等、はっきりってピクルのほうが善戦できとるやん!!

と突っ込まずにはいられません(笑)

もちろん、武器ありの本部は強いのでしょう。いまでは噛ませ犬街道まっしぐらになったとはいえ、あのジャック・ハンマー相手に完勝といっていい勝利を収めました。

多分、刃牙よりかは強いでしょう。

しかし、本人は、

 

「誰がでても武蔵には勝てんのです!!」

 

と言い出します。じゃあ自分も勝てないって言ってる様なもんじゃん(笑)まぁこっちとしても本部が勝てるとは思ってないけど。

そんな本部に当然ながら徳川のじっちゃんは、お前なら勝てるか?と問います。

 

「からかっちゃだめだ」

 

いや、からかってないと思うけど・・・・

武蔵と戦うのは自分の責務であるという本部。台詞は凄くかっこいいこと言ってます。今回だけ見たらね・・・・

だったらはよ戦えや(笑)と思わざる得ません。

そして、武蔵はというと巨大なビルを前に立っていました。

頭のなかでビルを切断するイメージを行っていました。

そんな中で、例えどんなに巨大だろうが、重心は縦一方。柱さえ切れば用意に崩壊する・・・・

この方法で本当にビルが崩壊するのかしらんけど(笑)

まぁビルの分厚い支柱を切ることができるならピクルも切れるでしょう。いや、でもあいつ普通にコンクリ以上な強度な気がせんでもないけど。

まぁあくまで想像なので実際にはやっぱ切れないというオチだったら笑えますが・・・

ただし、想像では金重も刃こぼれは免れないようですね。少なくとも、コンクリートや鋼を切ったらやっぱり刃こぼれや折れたりするのでしょう。

ココらへんは、意外と普通ですね。今までの描写から、鋼もスパスパ切れてもおかしくなさそうですが(汗)

というより勇次郎やピクルなら柱を素手で砕いて似たようなことできそうですけど(笑)

 

しかし、ここで武蔵の背後にある人物が・・

 

ガイアです

 

・・・・ガイア? まぁ本部を先生と呼んでいるので流れ的に武蔵と戦っても良い気がしますが。
いや、なんでこのタイミング? 丁度、刀も届き、さぁピクルと殺ろうかという中でこれはね・・・

正直、本部に良いようにやられてしまったガイアが今更戦っても勝敗はわかりきっていることだし。

しかも、ガイアも強がって冷や汗書いているし・・・

どんどん昔の強敵が使い捨てにされていく・・・
(逆に弱キャラ強キャラになるという不思議な現象です)

しかし、ここは、傭兵ならではの闘いを見せてくれるのでしょうか。過去の武士と現代の兵士。題材としては、中々面白そうなんだけど。

ドリアン張りにアラミド繊維や、様々な近代武器を使用して欲しいです。

ただ、簡単に瞬殺されそうですけど。環境利用闘法もこんな市街地やアスファルト上ではそこまで有効的ではなさそう。というかなんでこの場所を選んだ・・・

それと、本部さん、生徒が今まさに、武蔵に襲いかかっているんですけど守らなくていいの?

ガイアはガイアで本部さんから武蔵の恐ろしさをちゃんと聞いていたの?

コミュニケーション取れてないんじゃないの?この2人(笑)

スポンサーリンク

 - 刃牙道