気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

IT'S MY LIFE DAY40 & DAY41

      2016/07/31

IT'S MY LIFE DAY40 & DAY41の感想です。

なんか、冒頭から親しげな司祭風な男が中二病まっしぐらの痛々しいポエムを詠んでいるところから始まります(笑)

名前がデス・ルネって・・・死臭漂うネーミングですね(笑)

中二病司祭は、なにやら怪しげな呪文を唱え、これまた怪しげな風貌の4人の同士を従えて何やら企んでいるようです。
前回までのほのぼのDIYお展開とは真逆のシリアスっぽい雰囲気です。いや、見ようによっちゃギャグパートかもしれないけど(笑)・・・

司祭が、恥ずかしすぎて耳を覆いたくなるような皆を奮い立たせる素晴らしい演説をしている最中、同士の一人が何やらつぶやいています。

「アストラ・・・サン・・」

「カイ・・・アス・・・サン・・」

おっ? 二人の知り合いなのか? 怪しげな冒頭から、幕を開けた今回のお話。

場面が変わり、カイアスとローズちゃんに移ります。
二人はなにやら、廃墟となった協会に昔亡くなった司祭が現れブツブツと喋っている姿を目撃されている事件について話しておりました。 おそらく、その司祭は冒頭の痛い司祭なのですかね? まぁ正直、別に中二病ポエムをいうくらいなら可愛いものですね。

実際のところ、被害そのものは出ていないのでカイアスは、特に調査する必要性はないだろと決断します。

すると、彼は仕事を切り上げ、後のことをローズちゃんに任せ、ウキウキ気分で出ていきます。

「ちょっくら・・お泊り会にな!」

もちろん、アストラ様の家にお泊りでした。隊長が、仕事を放り投げお泊り会とは・・相変わらず自由すぎる隊長です(笑)

 

「見てくれっアストラ!」

 

「この日のために寝巻き新調したんだぜ!!」

 

・・・・すごく気持ち悪いです(褒め言葉)

よりにもよって中年まっしぐら、身長190オーバーの大男の寝間着姿なぞ誰が見たいものですかね?

 

「ああ・・・そう・・」

 

これに対するアストラ様の反応がね、もうすべてを語っています(笑)
ついでに下着を見せようとするカイアス。・・・もう、平常運転しすぎてね・・・

そして、見苦しい中年寝巻き姿に続いてのエリーゼちゃんの風呂あがりの姿は素晴らしいです。まさに天使です。

どうやら、今回のお泊り会は、最近の偽ノアちゃんも含めた不可思議の出来事のついて話し合うためらしいです。

しかし、当のアストラ様は皆を家に呼べたことで

 

「ワクワクおうちイベントをクリアできる」

 

相変わらず家のことしか考えていない・・・

とは言ったものの、あれ以来何も動きが無いので皆手詰まり状態のようです。

しかし、逆にここまで調べても何も出ない事自体が怪しく、何かがあえて存在を隠しているのではないかと考えてしまうエリーゼちゃん。

 

 

 

ゲプー

 

そんな超絶シリアスモードのエリーゼちゃんをよそにすでに出来上がってしまっているカイアス。
相変わらずの空気がよめない男です(笑)

それにしても、塩せんべいで言いくるめられてしまうエリーゼちゃんかわいい。

まぁ手がかりが見つからない以上、今は話し合っても仕方ないのでお泊り会を満喫しようとするアストラ様たち。

アストラ様とカイアスは、昔を思い出します。

少年時代は、アストラ様、カイアス、そしてジョニーという少年の3人で遊んでいたようです。

それにしても、相変わらずかわいい少年描くのうまいですね。まぁこれも、冒頭の中年オヤジだと思うと改めて年月の残酷さを実感します(笑)

 

「そうか、君達にも友達がいたんだな」

 

エリーゼちゃん何気にその発言はキツイ!!!(笑)

しかし、そのジョニーはすでにこの世にはいませんでした。そんな中、机に下にいつのまにか黒い手紙が落ちていました。

差出人は

ジョニー・ライオット

なんと死者からのありえない手紙でした。このへんのコマの演出はホラーっぽくていいですね。

すると大きな音が・・

ノアちゃんが階段から落ちた音でした(笑) それにしてもアストラ様完全にパパですね。微笑ましい光景です。

 

バン

 

今度は別方向から音が・・・
すると、窓が開き、外から怪しげな人物が立っていました。

 

「やっと手紙を出せマシタ」

 

少年時代のアストラ様とカイアスが秘密基地で遊んでいたところに突如やってきたジョニー。

 

「アストラくんはとっちゃダメだからねっ!!!」

 

この時からカイアスはカイアスでした。しかし、見た目は可愛く、これはこれでアリだな(笑)
と思わざる終えません。今ではただ気持ち悪いだけのオッサンになってしまいましたが(泣)

ほのぼのとした雰囲気で不思議と溶けこんでいくジョニー。子供ながらなんか達観している感じですね。
そして、アストラ様はアストラ様で子供時代からブレていません!!流石です!!こんな子供嫌だ(笑)

どうやら、子供時代のジョニーは吟遊詩人を夢見ていたそうです。

しかし、実はジョニーはとある小国の領主の息子だったのです。従って将来は自ずと決まっています。吟遊詩人になるのは難しい状況でした

しかし、ジョニーは大人になって夢である吟遊詩人になっていました。しかし、今から5年前に魔物に襲われ殺されてしまったのです。

5年前といえば、当然アストラ様とカイアスが仲悪かった時です(今見ると信じられませんが)しかし、その時でさえジョニーが亡くなった報を聞けば二人で追悼の酒を飲み交わす等、遊んだ時期は短かったですが、かけがえのない親友だったのですね。

 

そして、現在目の前にいる男は紛れも無く親友のジョニー。
生きていたことに喜ぶカイアスでしたが、ジョニーは本当に死んでいたのです。

ジョニーは自分が司祭デス・ルネによって蘇ったことを話します。

 

「待て」

 

突如アストラ様が言葉を遮ります。

 

「入るなら玄関から入ってくれ!!」

 

・・・・・・・家の事になるとカイアス以上に空気が読めません(笑)

ジョニーは相変わらず家大好きのアストラ様で安心したようです。さり気なく、アストラ様大好き発言をしてそれに反応するカイアス。あの、この人達、皆野郎ですよね・・・・・・かわいそすぎるアストラ様・・

ジョニーは変わらない二人をみてこう言い放ちます

 

「救済を与えたイ!」

 

・・・この話だけではシリアスなのかギャグパートなのかイマイチまだわかりませんね。まぁ作者コメントでB級ホラーといっているので後者っぽい気がしますが(笑)

あと、ジョニーの足が普通に幽霊足になっていて笑った。細かいな・・・

そして、作者コメントであったRiot Naritaのジャケットですが

ダセェ

 

うん、これはダサい。というよりそれを通り越して狂気すら感じる・・・
夢に出てきそう(笑)

スポンサーリンク

 - IT'S MY LIFE