気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

Helck 第71話&72話

      2016/07/31

Helck 第71話&72話の感想です。

シン城に到着したヘルクとヴァミリオちゃん。

そこへ久々の登場のハルピィ。
・・・・え?ハルピィ女だったの? 気づかなかったよ(笑)

 

なんか前より可愛くなってない?

 

ヘルク達はハルピィに任せ、ヴァミリオちゃんはシン魔王と話し合いを行います。

なんか、シン魔王の服装が僧兵って感じですよね。
顔に似合わずみかんジュースを用意する気配りは、やはりデキる男です。

当のシン魔王は、ヴァミリオちゃんの考えに驚きを隠せませんでした。
帝国側は人間の脅威をAランクに認定。一刻も早く叩き潰さなければならない存在でしょう。

そんな状況で、ヴァミリオちゃんの決意は、真逆を突き進むものです。
帝国の事を想うならば、四天王として、上に立つものとして滅ぼさなければいけません。

しかし、四天王であるヴァミリオちゃんにとってもそのようなことは百も承知です。
以前は、人間を救おうどころか、滅ぼすことを念頭に入れて考えていました。

その考えを変えたのがヘルクです。あまりも強大な力を持つヘルク。戦闘に関して言えば、ヴァミリオちゃんでさえ及びません。
これほどの力を持ってすれば、いくらでも我を通せるでしょう。

にも関わらずヘルクは、支配欲というものが全くありません。その心は常に仲間の事を想う気持ちばかりです。

そんな人間を真近で見たからこそ賭けてみる気になったのでしょう。

ヴァミリオちゃんに言うとおりヘルクが王になれば、変わるかもしれません。
ただ、王になるにはヘルクは少々優しすぎる気がしますがね・・・・

ヴァミリオちゃんの説明に、シン魔王も全面的に支持すると言います。

こうしてみるとヴァミリオちゃんって相当部下達に信頼されているんだな。
(アズドラ様は信頼というより慕われている感じが強い。)

 

可愛い・強い・部下思いと本当に三拍子そろった完璧魔族だな(笑)

 

そして、シン魔王から思いもかけぬ報告を受けます。

捕虜を捉えたとこのことです。捕虜はハラオルでした。
まぁ、ゼルに比べたら大分弱そうですしね(笑)

一応、ヘルクには存分に休息してもらおうとその日だけは、捕虜の件について黙っておこうとするヴァミリオちゃん。優しすぎです。

ただ、今後の自身の決意と帝国との相違もそうですが、もう一つ気がかりなことがありました。

偵察に行っているアスタです。

現在彼女はもりもりマッチョな兵士に捕らえられてしまっています。しかし、そのことは知らないヴァミリオちゃん。

牢屋で手錠を掛けられ、もう薄い同人誌が出そうな状況に陥っています(笑)

 

しかし、そんな彼女はというと・・

 

牢屋で、普通に寝ていたアスタ。



・・・・普通に熟睡している様で結構余裕だな(笑)

そこへ、これまた典型的な拷問役な方が現れます。

普通に自我を保っている様子を見ると意外と強靭な精神力の持ち主なのか?
ビジュアル面はどう見ても、雑魚っぽいんですがね・・・

アスタに全ての情報を吐かせようとする彼。その姿は、セクハラおやじそのものです。

シチュエーションといい、もうそっち系な想像しかできない(笑)薄い本はよ!!

しかし、こんな状況でも普通に返答するあたり、危機感が特に感じられないアスタ。

拷問役とのやり取りと言い、普通にギャグパートに感じられます。

しかも、凄い拷問と言いながら、普通にパンチで口を割らせようとするあたり案外心優しい人なのかもしれません(笑)

とはいっても拷問が大好きな以上サディスティックであることに変わりありません。
アスタを見てハァハァする姿は、もうキモいの一言です。

 

しかし、気持ちは分からんでもない!!!

 

しかし、そんな危機的状況?の中割って入ってくれたのはシャルアミでした。

シャルアミにビビって退散する拷問役。本当になんでこんな奴が自我を保てるんですかね?(笑)

アスタに飛びつくシャルアミ。なるほどアスタ×シャルアミもアリかもしれない・・・・

普通に猫耳触っているし。羨ましい・・・・

自身が魔族側であることを告白するアスタ。しかし、シャルアミがそんなことお構い無しでアスタを友達だと認めます。

そんな中で、シャルアミはアスタに

 

「この国さ・・・どうなっちゃったのかな?」

 

と疑問を投げかけます。やはり、知っている人間がほとんどいなくなってしまった現状に疑問を抱かざるを得ないみたいです。

アスタは、シャルアミに現状を話そうとしますが、果たしてそれを知ったシャルアミはどのような反応をするのでしょうかね?
少なからず自身が影響していることを薄々感じ取っているのかな。

 

場面が変わり、ミカロスとラファエドに移ります。

アズドラ様が生きているだろうと推測するも意外と余裕なミカロス。
(この余裕そうなラスボスっぽい雰囲気出しておりますが、何気にアズドラ様に防戦一方だったことは内緒です(笑))

むしろ次の作戦で、アズドラ様が苦しむ様を見たいような感じさえもします。(なんか、逆にしてやられそうな感じがします・・・・)

そうすると次の戦いでは仲間が相当危機に陥ってしまうのかな。でもケンロス達なら、普通に死ぬ感じがしなさそう(笑)

そして、予想以上のヘルクの精神力に、とうとう切り札であるクレスをぶつけようとするミカロス。

・・・・なんかクレスがヘルク張りのマッスルフォームになっていない?(笑)
絶対顔に似合ってないマッチョっぷりですよ!!

あと、ちょい足しのおまけ漫画の制服姿のアスタが可愛すぎて辛いです・・・・・
ボーイッシュ的にはドストライクな感じでしょう・・
それと、イスタの好きな人って誰なんだろう・・・

スポンサーリンク

 - Helck