気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

Helck 第75話(前編&後編 勇者ウリア)

   

Helck 第75話(前編&後編)の感想です。

ようやく決戦が近くなってきました。

今回は、主にアズドラ様が焦点となっていましたね。

せっせと対策を考えているヴァミリオちゃん。勉強するヴァミリオちゃんかわいい♡

すると、シン魔王からヴァミリオちゃんに贈り物が・・

コエダリオン

ヴァミリオが

幼少の頃使っていた世界樹より作られた

魔法のスティック

魔力放出の無駄を減らす

エコアイテム。

説明を読むと中々使い勝手のいい武器ですね。しかし、初っ端のちょい足しで出てきたあの棒がここで登場するとは・・・

あと、シン魔王がマジで気遣いが半端ない。

場面は代わりアズドラ様の会議シーンに移ります。

現状の人間国の脅威は

  • 勇者への覚醒
  • 不死への力
  • 魔物の巣の生成

の3点です。

中々厳しい対決になりそうです。しかし、ハラオルやヒュラ姐さん、アスタの情報よりそこまで絶望的な状況ではないようです。

情報を大雑把にまとめると

魔物を巣を生成するのはあくまで時間稼ぎ

覚醒を起こさせるためには雪が必要

雪の生成には専用の塔を建設しならない

塔をどんどん作られてしまっては雪を降らせる範囲が魔族領土に大きく及ぶ

雪には魔族だろうが抗えるものは少なく、大軍で人間国を攻めるのは得策ではないみたいです。

もし、なにも知らない状況ではこれは絶望的すぎる戦いでした。やっぱり情報は重要ですね。

アズドラ様は、情報を有利にする戦略を持っているのでしょう。皆にこう言い放ちます

 

さあ、決戦だ。

 

ふざけるなぁッ!

バカァァァッ!!

 

とお怒りモードのヴァミリオちゃん。まぁ手紙でいきなり「決戦だ」っ知らされても人間を元に戻す方法が見つかってない現状ではお怒りになるのも分かります。

しかし、手紙には続きが書かれていました。その内容はヴァミリオちゃんも本当に可能なのか?と疑問を持つほど。

しかし、ホンによるとアズドラ様は1500年間もずっと考えていたことみたいです。

はるか昔、アズドラ様が出会ったアリシアの先祖と思われる勇者ウリア。

幼少時代のアズドラ様はずっと勇者たちと戦い続けていましたがウリアは武器ではなくパンとワインを持ってアズドラ様の元に来ていました。

ウリアで出会い人間に対する自身の価値観を大きく帰ることができたアズドラ様。

ついには、アズドラ様は和平という考えを持つようになりました。

しかし、結局のところ戦争は終わることはできず結果としてより大きな戦争が起きてしまい、戦況的に不利な人間軍は禁呪を用いてすべて道連れにしてしまう方法をとってしまいました。

ウリアは同じ人間としてケジメは自分がつけるといい、エディルの様に覚醒者の成れの果てとも言える姿に変貌し決着をつけました。

しかし、暴走したウリアは友であるアズドラ様にさえ襲いかかりました。ウリアを元に戻したいアズドラ様でしたが、方法がなく、最期はウリアを自らの手で下しました。

それから、1500年もの間必死に、ウリアの様な覚醒者を救う方法を模索していました。それには普通の方法ではなくより、特異な方法が必要だと・・・・

 

今の僕なら、

きっと人間を元に戻せる。

 

そのためには、絶対条件として王からの開放が必要みたいです。つまり、王を倒すということ。

ヴァミリオちゃんもアズドラ様が自身と同じように救う方法を考えていたことにほっこりし、喜んでヘルクと共に王討伐へと乗り出します。

それにしても、ラストのアズドラ様が救ってみせるがかっこよすぎですね。

なんか、アズドラ様の万能性がドラえもんみたくなっています(笑)

あと、幼少期の時点でいくら疲弊していたとはいえ暴走したウリアを止めたということはやっぱりミカロスの言うとおり戦闘力なら今より強かったということなのでしょうかね。

ヴァミリオちゃんも幼少期の時点でめちゃくちゃ強かったし、四天王クラスはやはり子供時代から格が違うということなのでしょうか?

それにしても、ゆで卵を生卵にって表現は確かに厳しいな(笑)

あと、最期のアズドラ様ですが、普通に考えると盛大なフラグに感じられるのですが、まぁアズドラ様だからなんとかなるのかな・・・・

スポンサーリンク

 - Helck