気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

ケンガンアシュラ 154話

   

ケンガンアシュラ 154話の感想です。

前回でジェリーが誰も勝てない!!と言われていた理由が判明。

黒木は円から一歩も動いていない!!!

・・・・え?本気でそれが理由か・・・

確かに、桐生の猛攻を一定の円内で動きを制限していてそれを捌ききるのはすごい技術だと思います。

いや、凄いんだけど・・・

 

誰も勝てないは言いすぎじゃね?

 

これで驚いていたなら王馬さんVS雷庵なんてもはや人外の戦闘ですし、どう考えてもあっちのほうがトンデモ戦闘やっていると思います。

また、若槻さんVSユリウスも地面がえぐれたり破壊力描写からもはや人間の範疇を飛び抜けております。

こいつらからすれば確かに技術は洗練されているでしょうが、誰も勝てないと言い切るにはどう考えても説得力が薄いような・・・

まぁジェリーが言うことなので話半分にしといたほうが良いと思うのですが問題は他の闘技者の反応です。

 

桐生の羅刹掌は前回の指摘通り大幅に殺傷力を増していますがその影響により予備動作がどうしても大きくなってしまいます。

・・・これ、技としては逆に欠陥品じゃね? なんかムキンクスと同じ香りが・・・

まぁそれを補うのが死角からの瞬なのですが黒木には通用しません。

連撃を放つ桐生の攻撃を簡単に捌ききる黒木。それを他の闘技者が見ていますが

初見なんかはこりゃお手上げだみたいな表情。

若槻さんは冷や汗をかき、沢田、因幡、コスモはその圧倒的技量に唖然とするばかり。

アギトに至っては相変わらずの変顔を披露して滾っております(笑)

 

次元が違う

 

闘技者目線から見ても黒木は、段違いみたいです。まじかよ(笑)

ただ、唯一無表情なガオランが笑える。この人、技量でびっくりすることってあまりないのかな? それとも「この程度か?」と思ってるのかな?

アギトの反応から黒木はやっぱり最高峰の実力なのでしょう。アギトVS黒木も見てみたかった・・・・

以前の大久保の評価どおりこいつに渡り合える闘技者は殆どいないでしょう。

勝ち残っている闘技者で相手になりそうなのがアギト、ガオラン、ムテバさん、覚醒王馬、初見くらいでしょうか?

あれ、意外といるな(笑)

若槻さんはもうビックリ具合から黒木相手は厳しそうなのが悲しい・・・・・

御雷は技量からそもそも相手にならなさそう・・・

 

桐生の羅刹掌をキャッチし、凄みのある顔で

 

身の程を知れ、若造

 

この貫禄ですよ。どっかの棄権しようとした殿とは違います(笑)

足払いをして体勢を崩し、攻撃を繰りだす黒木でしたが・・・・・

 

 

逆に黒木そのものが体勢を崩され大きく投げ出されます。

殿戦でも見せましたが、これは二虎流です。力の潮流を支配している感じは操流の型なのでしょう。

しかし、本当にこれが二虎流ならば、二虎そのものをよく思わない桐生がなんでこの技を使うんでしょうかね?

まぁどう考えても便利すぎる技なので使えるなら使うのが一番だと思いますが・・・

一方、黒木も二虎と面識がある人物。おそらくこの技が二虎流だと感じ取ったのでしょう

 

その技、誰から教わった?

 

小僧 貴様は何者だ

 

桐生は桐生で超変顔を披露し、「もう二度と邪魔はさせない」と涙を流します。

・・・・・どうかしちゃったのかな? いや、この展開でこの狂気を出すのはよく分かりませんね。

邪魔はさせないどころか当の目当ての王馬さんは瀕死の状態なのですが・・・・

桐生の目的からすれば正直、黒木と戦ってる場合じゃないような・・・・

むしろ、コスモのリザーバーで出たらどうなの?って感じです。

そして、まさかの桐生の回想です。

このタイミングで回想とは・・・・

これは黒木にも勝ちフラグがきたか(笑)

王馬さんに桐生が出会ったのは11歳のころ。

なんかショタ桐生が真っ裸になっているのですが、何をさせられそうになっていたのでしょうかね(笑)

見たところ王馬さんがナイフでヤクザっぽい人たちを退けていますが、桐生を救ったのでしょうか?

次週あたりは黒木戦を一旦取りやめで数週あたりが回想に入ると思いますがあまり長くなるとテンポが悪くなり少々不安でもあります。

それにしても、黒木がここまで強闘技者になるとは・・・

初期なんかは理人が勝つんだろうな~と思っていましたがトンデモなかったです(笑)

こういうおっさんが強いのは個人的には大好きです。やっぱり年季が違うのはいいよね。

まぁ流れ的にはほぼ負け確定なのが悲しいところなのですが・・・

しかし、黒木がずば抜けすぎていて殿がどの程度のランクなのかよくわからなくなったな。一回戦負けの闘技者達だったら多分上位に入ると思うんだけどね。

如何せん、体重が軽すぎるのでいくら速度がまさろうとも超重量級相手には一切通用しなさそうなところがネックすぎる(笑)

後、動作が大きすぎて羅刹掌が通用しない感じですが、殿戦での心臓捻りや、小津先生との戦い振りから見てどうみても動作小さいよね?

激高した時に椅子を破壊していたけどあれって下手すりゃ予備動作なしで破壊していたような・・・・

スポンサーリンク

 - ケンガンアシュラ