気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

ケンガンアシュラ 156話

      2016/09/11

ケンガンアシュラ 156話の感想です。

桐生の回想編の続きから話は進みます。

ボコボコにされている桐生。どうやら14歳の時には巌山師匠と接触していたみたいです。

というより少年を浜辺で木刀フルボッコにしているあたりどう見ても警察直行事案です(笑)

そんな桐生に瞬を駆使して攻撃を加える巌山。対持者にとって瞬間移動のごとく錯覚を起こさせる瞬の技術に桐生の目は早くその技が欲しいと怪しい微笑みを発します。

というより少年時代で普通に瞬の正体を見破った桐生が凄いのか、瞬が微妙なのか、果ては最後まで見切ることができなかった殿がショボすぎるのか?

(殿は浜辺なら瞬を見切ることができただろうと願います(笑))

また、巌山の言葉によると此時に既に「武」は身につけていたみたいです。瞬を欲していたあたり興味がある武芸者の技を盗んでいたのでしょうかね?

少なくとも巌山にボコされている以上、幼い時から糞強かったというわけではなさそうです。まぁ成長速度はトンデモなくたかが10年やそこらで殿に圧勝し、黒木とも戦えている時点で天才の部類でしょうけど。

ボコしているのが子供桐生なので分かりづらいですが、一応二虎を倒している?以上はトーナメントでも十分上位の強さはありそうです。しかし、黒木との会話から黒木よりは弱い感じはします。まぁ殿には勝てるでしょう(笑)

黒木に羅刹掌をぶち込む桐生ですが、皮一枚斬らせた程度で中々致命傷には至りません。

しかし、皮一枚から数ミリ深ければ決まるというインチキ具合からやっぱりこの羅刹掌は反則だわ(笑)

また、ここで桐生の動き急に変化します。

 

ギュルギュル

 

間一髪、羅刹掌をさける黒木。あぶね~ ^^;

不規則な動きの正体は足技の羅刹掌。

・・・・・足ってあんな捻り攻撃ができるもんなのか?

まぁいまさら羅刹掌自体ビックリファンタジー技なので今更足で出されても特に驚きませんが・・・

やっぱりこの孤影流は坂東さんなら凄い使い手になっていたかも・・・

恐らく桐生とは比較にならない軟体体質、身長2m,体重140kg以上のマッスルボディですからね♡

こんなんが、羅刹掌を放ったらインチキ効果と相まって皮一枚でねじ切れそうです(笑)

足技羅刹掌を利用して地面を砕き、目潰しを行う桐生。結構便利だな

だが、そこは達人!!

廻し受けで無数の石つぶてを一蹴!!!

この辺のコマは流石にかっこいい・・・・

とはいったものの当然これは囮で背後を攻撃します。

今まで皮一枚で避けていましたが、流石にこの猛撃の前に徐々にダメージを喰らっていきます。

ビキビキと骨に羅刹掌の威力が浸透していきます。

羅刹掌を足で可能にする技術、二虎流、センスは師である巌山を凌駕しているようです。

というか、黒木はいつまで防御に徹しているのでしょうか? やはり桐生の技のレパートリーを見極めてから攻撃するのでしょうかね。

今のままではカウンターを狙っても二虎流で受け流されてしまうので中々もどかしい状況です。

ここへ来て桐生の言動がおかしなことになっています(いや、普段からおかしいんですけどね(笑))

 

「深く当たるようになってきたね 十鬼蛇 二虎」

 

どうやら、黒木を二虎と認識しているようです。

え?本気で意味不明なのですが・・・・

なんで黒木を二虎と彷彿させているのでしょうか? 黒木が二虎流を使うのならまだわかるもんですが、ぜんぜん違う流派、しかも全然攻撃に徹していませんからね。

あと、全然似てない(笑)間違える要素ゼロです・・・

自身の技をあまりにも見事に捌ききるもんだから強者と認識して二虎と錯覚してしまったのか?

試合開始前では。「は? 誰だよお前」と超無関心ぶりが嘘のようです。

あまりにも支離滅裂な言動、そしてそれはその形相にも現れていきました。

狂ったかのように羅刹掌を放ちまくる桐生。もう、どっかのホラー系に出てくる形相です(笑)

これを見て黒木は、桐生は既に人ではないと警戒します。

まぁこんだけイカれてしまったらもう手遅れですよね。

 

小僧、貴様の因果はこの黒木が断ってくれよう

 

支離滅裂な桐生をよそに一応空気を呼んでそれっぽく対応する黒木が優しいです。

ナレーションによると決着は近いみたいです。

次週あたり決着か?

桐生がおかしいのは平常運転ですが、この所は支離滅裂な言動といいなんか薬やってんのか?って感じです。

というか本当に王馬さんに盲信しているな・・・

強さだけなら王馬さん以上の実力者はトーナメントにもいるけど、純粋な力だけではなく幼い頃の出会いからあそこ迄執着しているのでしょう。

しかし、黒木を二虎と勘違いしてたり、というか二虎がもう故人なのは桐生は知っているのにもかかわらずこれですからね。

王馬さんと同様に桐生も記憶障害おこっているんじゃないの?

あれ?ということは桐生も前借り使えたりして・・・

まぁライバルキャラが主人公の切り札を使うってのはお約束展開ですが、どうにも桐生が王馬さんの宿命のライバルって感じはしないんですよね。

今までの描写的に桐生以上な実力者が普通にいるからかな?

来週は最終局面って感じになりますが、攻防的な展開では正直あまり進んでいないんですよね・・

桐生 攻撃 黒木防御+カウンター

桐生 二虎流でいなす

桐生回想

桐生 攻撃 黒木 防御+カウンター

桐生 二虎流でいなす

桐生回想

桐生 攻撃 黒木 防御

ずっとこんな感じですね ^^;

まぁ次週は孤影流の新たな技が見られるかもしれません。でも、黒木も怪腕流の真髄をまだ見せてないと思われるのでどう決着つけるのかな?

スポンサーリンク

 - ケンガンアシュラ