気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

刃牙道 124話

   

刃牙道 124話の感想です。

前回のカッコいいラストからの本部VS武蔵。

すごいな、今週でピクルが全然出てこない(笑)

もうピクルは完全に終了したんだな・・・・・

武運と書かれた酒を口に含み「プシュっ」と霧吹きします。

願掛みたいなもんですかね。

そんなわけで悲しくなるセルフお祝いでの登場を果たした守護キャラですが中々かっこいい登場ですね。

真剣な面構えで武蔵に対峙する本部。

正直、対峙するこの顔が結構イケメンで笑った。

%e3%82%a4%e3%82%b1%e3%83%a1%e3%83%b3%e5%ae%88%e8%ad%b7%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9

 

これは主人公の顔だわ。え? 刃牙? だれだっけその人。

もちろん、本部の登場なんてのは誰ひとりとして予想していません。徳川のじっちゃんでさせ「はぁ!!?」ですからね。

特に昂昇なんて口をあんぐり開けているじゃないですか・・・・

確かに、本部の本当の強さを知らない者たちから見たらこうなるのも無理ありません。

フリーザにヤムチャが挑むようなものです。

 

「あれ? おぬし・・・」

 

以前、勇次郎との決着を邪魔した張本人のご登場ですが、武蔵は以前から本部を強者と認識していたので

 

「徳川  気が利くのー」

 

とご満悦のようです。

ここで、本部大先生の回想が入ります。

裸で水浴びをしている先生。皆さんサービスカットですよ。ここは♡

なんだかんだ言ってやはり肉体は相当鍛え上げている本部。

 

この五体

よく・・付いてきてくれた・・・

俺の我が儘に

おまえらは 今宵 報われる

 

どっかで見た覚えのあるシーン自らの身体に言い聞かせる本部。相当過酷な特訓を積んできたのでしょう。

まぁその割には金竜山にボロ負けしたのは内緒で(笑)

そんな物思いにふけっている中で突然の登場した渋川先生。

武蔵と対峙し、皆を守護すると決めた本部に対し渋川先生は

 

「日にどんくらい稽古しとる?」

 

と問いただします。

思いっきり考えこむ本部。すると

「日に数度」

と答えます。しかし、これは稽古の回数ではなく

 

「日に数度 心が「武」から 離れます」

 

との意味でした。質問に答えてません(笑)あと俳句っぽい回答だな・・・

まぁ稽古とかそういった回数なんかでは推し量れずに、日に数度しか心から離れないほどに打ち込んでいるとの意味合いでしょう。

これには渋川先生も予想外だったでしょう。最大トーナメント編の体たらくっぷりからは考えられないほど武を思う気持ち。

・・・・・とは思ったけど作中でも最上位のグラップラー達なら皆それくらい思ってそうな感じがしないでもないですがね(汗)

ジャックなんて日に30時間トレーニングですよ(笑) それであの扱いですよ(泣)

 

そんな本部に

 

「まるで男と女 恋愛関係だ」

 

と説きます。

ここで回想が終了し、改めて武蔵VS本部

じっちゃんは、流石に今日の今日ってのは・・と戸惑いますが、普通に命をやり取りを意気揚々とやらせていた人物とは思えないほどの遠慮具合です(笑)

 

パチパチパチパチ

 

観客の渋川先生が拍手をし、それにつられて独歩、刃牙、ガイア、末堂も拍手していきます。

 

「ほら ああ言ってるぜ♡」

 

盛大な拍手で迎えられる本部。

次週いよいよ開戦!!!

さて、いよいよ長く続いた沈黙も説かれようやく始まった本部VS武蔵。

まぁこれで次週で何一つ話が進まなかったら笑える。

今週の登場までの流れは中々かっこよかったと思います。

しかし、本部の武に対する姿勢をここまで強調するならなんで金竜山に指取りなんかしたんだ?と矛盾しまくるばかり・・・・

刃牙でさえ知っていというのに・・・・

この本部ですが、当然何でもありなので上着は普通にアラミド繊維製の切れないジャケットでしょう。

防御面に関しては色々と対策していることでしょうが、肝心の攻撃面ではどうするのでしょうか。まさか、マシンガンなんて持ち出さないよね(汗)

それと今週はガイアがすげぇ子供が興奮したような顔でした。まぁ師匠が登場したのですからわからんでもないですが、これで本部がフルボッコにされたらどういう顔になるんだろ・・・ そっちのが気になるな。

 

スポンサーリンク

 - 刃牙道