気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

ケンガンアシュラ 159話

   

ケンガンアシュラ 159話の感想です。

坂東復活!!

 

意外と普通に戦えそうで笑った。 なんかこれも勝敗が読みにくい仕合だよね。

乃木グループを背負ってることを考えれば初見が勝つのが普通の流れなんだけど、その一番普通であろう流れである桐生が敗北したことを考えると初見が負けても不思議じゃない・・・

というか、現時点の底知れなさでは坂東の方が上手な感じもします。

冒頭ですが、久々の山下長男が登場します。ぼろぼろになった家なんですけどこれでこんなビックリ惨状で野次馬が誰も居ないのが逆にすごい(笑)

後、罠の一部に普通に落とし穴があってほっこりしました。やっぱり罠といったら落とし穴だよね。誰か引っかかった人いるのかな?

さて、長男も自家用飛行機を繰り出し出陣します。まぁ場所は絶命トーナメント会場でしょうか?それともまた、別の場所で何かしらの策でも行うのか?

どっちにしてもアンダーマウント社は敗北してしまったのでどっかの企業を脅さなきゃ返り咲くことはできないので普通に山下社長の手助けをするのかな・・・

場面は変わって、本トーナメントです。

姿を表さない十王通信ですが、まぁ初見はそんなこと気にしてないようです。確かにこの人図太そうな神経してそうですもんね。

今回の回想では、なぜ絶命トーナメントを開始させるのに正闘技者である初見を差し置いて王馬さんが抜擢されたのかというと

単純に初見の気分が乗らないだけでした(笑)

まぁそんなこと言っても実際は、牙を磨くためでしょうが、この男なら本当に遊び呆けてそうです。

当初は仁王の駒田(ずいぶん懐かしいな)の予定でした。一応、トップクラス連中を除けばかなりの腕だったみたいです。本当に?(笑)

実際は王馬さんにボコされて交代でしたが・・・・・

しかし、結構危ない賭けでしたよね。理人や鏑木ならともかく最後の最後でトップクラスである関林をぶつけるんですからね。負けてたらもう一回やり直していたのだろうか・・・

自分があまりにもムラっ気がありすぎて調子が出なければ使い物にならないと言います。しかしその後にトンデモ発言をぶちかまします

 

絶好調の俺なら”牙”も敵じゃねぇ。

 

!!!?????

まじかよ!!うそーん。

流石にどう考えても自信過剰すぎるような・・・・ 大丈夫か?

これを言ったのが若槻さんだったら嘘乙(笑)と素直に思えますが、初見だからな~ 微妙に信憑性があるのがずるい・・・

そんなこんなで回想も終了するとやっとのこさ十王通信の闘技者が登場です。

やはり坂東が闘技者です。やっぱりでかいなこいつ。

とゆーか、捕まるときって身長は高かったけどガリガリだったよね。 何? 刑務所の飯ってそんなバルクアップできる食事なの?

自分が刑務官だったらこんなムキムキマッチョメンには断固として育てたくないですね(笑)

さて、普通に坂東が闘技者で出てきたことにびっくりする英先生。

この表情からあのウイルスは相当厄介な代物だったみたいです。この絶命トーナメントの医療施設では坂東に放ったウイルスは死滅させることは不可能。

となると、可能性は・・・

帝都大学総長の太宰さんがある人物に向かって刃を向けています。

 

何故、坂東の治療を引き受けた!?

答えろ古海平八ッ!

 

やっぱり古海さんでした。二部冒頭で高田社長と何やら話してましたもんね。ただ、いくら日本有数の製薬会社でもこんな離れ小島に都合よくそんなウイルスを死滅させる器具や薬をもっていたな。どんな闘いを想定していたの(笑)

でもなんで乃木会長側についているはずの古海さんが坂東を助けたのだろうか。密かに乃木会長に反旗を覆すつもりなのかな。この社長のことだから何も考えずにただ単に治療してあげたよ♥的なことも有り得そうなのが怖い。

まぁなんにせよ坂東は普通に戦闘可能なまでに復活してしまいました。

初見は思います。

 

坂東は、俺にとって「最悪の相手」だ。

 

これは坂東の体質の事を言っているのでしょうかね。それとも密約どおり、坂東を亡き者しなくてはならない状況になったからなのか?

何れにせよ流石に初見の技で速攻で決着をつけられるとは考えづらいのでこれも長期戦になるのかな?

逆に坂東が初見を亡き者にする展開も有り得そうです。

それにしても、トップ絵のアギトどうなってんの(笑)

なんか服がピッチピチすぎてその服って実はボディ・ペインティングなの?って疑問を感じるんですけど(汗)

スポンサーリンク

 - ケンガンアシュラ