気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

Helck 第78話

   

Helck 第78話の感想です。

冒頭でピウイがついてきた過程が描かれていましたが、オロロンのせいじゃねーか(笑)

いきなり口にピウイを含むとは・・・そんなに美味しそうに見えないけど。まぁ聖獣がこういった行動を取るのには何かしら理由がある(よね?)と思われるのできっとピウイも活躍できる日が来るでしょう。

それにしてもヘルクもそうだけどなんかこの2匹がそろっていると緊張感の欠片もないな。何が起きても何とかなりそうな安心感が凄い。

普通、こういった安心感はすごい強者(ヘルクのような)が出すんだけどピウイには戦闘力が全く無いけどこの安心感は・・・

まぁギャグキャラのようなものかな。トリコでいうゾンゲ様の様な安心感に近い(笑)

そんなこんなで城内を探索しているといつぞやの拷問兵士が飛び回っていました。ピウイ達は見えない位置で彼を見ますが、肝心の彼は侵入者を見つけ出す気はなくどこぞへと飛んでいってしまいました。

ギィィィィィとキシミ音と共に牢屋へつながれているアスタ。

一時はシャルアミの手によって脱走できそうでしたが、当然ラファエドによって妨げられてしまいました。

シャルアミは事の顛末をラファエドに問いただしますが、ラファエドによると人間の国をこうしてしまったのは何も魔族だけのせいではない模様。

まぁラファエドが魔族達の性格に関して無知であるはずがないので、戦争で人間が滅んでしまうとは考えにくいでしょう。

それでも人間が滅ぶのを防ぐために今回の騒動を行った理由はやはり新世界が関係しているようです。

でも、今回の騒動で実質人間はほぼ滅んだようなものでなんだかんだで本末顛倒な気がせんでもないですがね。

ラファエドが私たちは・・・いや私は僅かな可能性に賭けるようなことを言っていましたが、

ここで私に言い換えたということは端からミカロスさんを信用していないということなんでしょうか?

まっ冷静に考えればあんな小物すぎる男を信用するのが無理ですよね(笑)

でも、この人も僅かな希望に賭けるということは、今のヘルク達と同じことをやっているんだよね。あれだけヘルクに無駄だと言ったのは、ヘルクが自分と同じように希望薄を頑なに信じていたことが重なっていたからなのでしょうかね?

ともあれ、大人しくしていれば手出しは出さないというラファエド。

1人獄中に取り残された中で、まさかの拷問兵士が再登場しました。

この時のアスタの顔ときたら本気でウザがってそうで笑った。

拷問兵士にはラファエドとの約束など知ったことではありあません。

自身は、自我が残ったのは「人を痛めつけたい」その一心があったからとのこと。

クズの方で精神力が高いというのも厄介ですね。他の鍛え上げられた人間が軒並みリタイアしている中でこんなブヨブヨ男が生き残ってるところを見ると精神力は別に肉体の強さに依存しないんだな―って改めて思います(笑)

なんとか説き伏せようとするアスタですが、

パァン

ムチで顔面を思いっきりひっぱたかれます。普通に痛そう。

これは・・・・・まさかのリョナ展開か(ゴクリ)

ブリーチなら手加減無しでとんでもないことやってくれそうだけどこの漫画でそれやったらちょっとキツイのでまぁシャルアミが助けてくれることでしょう(適当)

でもなんとかそれまでに服くらいは破って欲しい(笑)

それにしてもジト目のアスタが妙に可愛かったですね。

スポンサーリンク

 - Helck