気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

ケンガンアシュラ 163話

   

ケンガンアシュラ 163話の感想です。

 

坂東さん、起き上がりがなんか可愛い(笑)

亀かよって感じでなんかほっこりします。

坂東さんは勝負には負けたものの死亡したわけではありませんでした。

頚椎をめり込ませて一応九死に一生を得て言いました。ここまで来ると超軟体体質という次元ではないような(汗)

決着はつきましたが、帝都大学との契約で坂東を亡き者にしなければならない初見でしたが初見的に殺しはNGだそうです。

まぁ確かにそんなイメージではありませんが、それにしても、太宰さん涙目ですね(笑)

坂東はもう身動き取れない状態なので殺ろうと思えばいつでもできそうですが・・・・

初見は、なんで一回戦からあのゴムゴムムチのような攻撃をしなかったのか?と尋ねますが(そういえば伏線でしたな)理由は、普通に負担が大きいからとのこと。なんじゃそりゃ。普通すぎる・・・・・

一応坂東的には多少バルクアップしているから耐えられるらしいですが、多少って何? とんでもないバルクアップだよ。個人的にはムチのような攻撃よりもムショ内でこんだけバルクアップしたのが謎だよ!!(笑)

さて、坂東さんが敗退してしまったことから意気消沈な高田社長。そこへ、速水さんの守護者である龍が声をかけます。

なんでも速水さんが高田社長と話をしたいとのこと。小物同士の対談ですか(笑) なんかすごいしっくりくる組み合わせだな。

ここで気になるのは龍が「我が主」と言っていますが、当然速水さんのことだと思いますが、正直もう速水さんにはそんなラスボスポジションは似合わないので別の人物だったら面白いな(笑)

場面は医務室に変わって超久々の山下社長。ベッドには、超重体な王馬さんが横になっています。

真剣な表情で、こう言います

 

山下商事はトーナメントを棄権します。

 

ここへ来て棄権か~、たしかに、山下さん的には息子の命は助かり、王馬さん的にはまさかの桐生が敗北という、借金のことを除けば正直もうトーナメントを勝ち進む理由がだいぶ薄れてきましたからね。加えてこの瀕死状態です。

主人公が途中でギブアップってのもすごい珍しいですが、ここまでヤバイ状況で3回戦普通に元気に戦ったらたしかに違和感ありすぎというか何それ?状況ですが本当に棄権するのか?

このまま続けても、ムテバさん、黒木、初見、アギト、ガオランといった強敵たちと当たる可能性を考えると無理ゲーでしょう。

でもそうなるとどういう展開に持っていくんだろう。やっぱり裏工作でトーナメント自体有耶無耶になるんだろうか?

あと、長男が島に到着しましたがどう関わってくるのか気になります。

 

さて、会場は観客の興奮がとんでもないことになっております。

ドンドンドンドンっと相変わらずの牙コールです。

最初に入場してきたのは加納アギト!!

総合格闘技王者大久保を倒し、肩書は凄いことになっております。

それにしても、この鞘香ちゃんのアギトの紹介はまんま一回戦の大久保の紹介に似ているな(笑)

満を持してアギトの登場ですが・・・

 

ごめん、すげーダサいんだけど(笑)

 

いや、やっぱりこのピッチリスーツだせえや(笑)ただでさえトンデモ筋肉しているから違和感がすごすぎる・・・

でもこうしてみると本当すげー体してるよな・・・・ 130kgどころか150kg位アリそう・・・

溢れんばかりの牙コール。アギトの顔も険しいです。

 

ピタ

 

突如、牙コールが止んでしまいます。同時にアギトもただならぬ表情。

会場が静かになったのは紛れもなくこの男が醸し出す風格が原因でした・・・

 

ボクシングヘビー級 4団体統一王者

”タイの闘神”

ガオラン・ウォンサワット

 

なんだよ。この登場の仕方は!!

かっこよすぎるだろ!! アギトの登場とは雲泥の差だよ(泣)

あまりにも禍々しく、かっこいい登場に初見だと、こいつがラスボスだろって感じです。

それ位の風格は漂っています。

そして、この後のアギトの表情がガオランの凄まじさを物語っております。

 

鞘香 下がりなさい

「俺」はもう待ちたくない。

 

あの、大久保戦で見せてマジキ○スマイルをもうご披露するアギト。

総合格闘技王者、まさに表格闘技では最強と言っても良い大久保が善戦した後に見せたアギトのスマイル。

(そして、昔の若槻さんではそのスマイルすら見せられなかった(笑))

それが、戦闘前にもうなっております。

 

楽しもう。ガオラン・ウォンサワット

 

恐らく、アギトにとってガオラン>大久保は確定なのでしょう。

そのアギトに対して

 

愉悦に興じるつもりはない。陛下の御為、貴殿を倒すのみ。

 

と冷静に返すガオラン。

大久保を倒し、表・裏格闘技共に最強と思われるアギトですが、やはり真の表最強はガオランか・・・・

共に一国の財政界トップ権力者同士の切り札。まさに最強を決める闘いと言っても過言ではありません。

これだけ、登場でワクワクしたのは久々です。この闘いにはマジで期待したい!!

今回でガオランとアギトが向かい合ってますがこうしてみると体格差はそれなりにありますね。

筋肉の太さがやはり違いすぎる。地力のパワーではどう考えてもガオランは対抗できなさそう・・・・

当然、流れ的にはアギトが勝たなければ、お前何やっとんねん?ですが、桐生の例もあるからな~。

むしろ今回の登場シーンだけでアギトの王者としての格がだいぶ下がったような(汗)・・・・

大久保相手では、全ての技量で凌駕していたアギトですが、流石にボクシング王者ですから打撃に関してはアギトを凌駕しているでしょう。

2回戦最高の闘いになるのではと、すごい楽しみです。 まぁあんまり期待しすぎると若槻さんみたいに少々肩透かし喰らうかもしれないけど(汗)

関係ないけど、アギトのブロックが一番の最難関ブロックだよね・・・・・多分、若槻さんがアギトのブロック入ったら下手すりゃ大久保に負けてたんでないの(笑)

普通、こういうのは主人公が直面するのですが、敵役でしかもラスボス候補がこうなるのも珍しいな。

 

スポンサーリンク

 - ケンガンアシュラ