気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

刃牙道 132話

   

刃牙道 132話の感想です。

うそーん、勝っちゃったよ(笑)

流石に、ここで武蔵負けちゃうとは・・・

ここへ来て本部先生の武が炸裂!!

・・・・大いに盛り上がるはずなんですけどこのあっさり感は一体・・・・

 

前回で思いっきり片口から切りつけられた本部先生。

刃牙もその有様に「勝負アリだ」と止める始末。傍目から見たら完全ゲームオーバーです。

しかし、本部先生の心のなかではこの絶体絶命にも関わらずまだまだ守護る気満々です。

そして、本来ならもう無理な状況からまさかのタックルを武蔵に御見舞します。

 

「おお」

 

これには武蔵もビックリ

本部先生がまさかのマウントポジションを獲得。

しかし、武蔵は刀をすぐさま取ります。流石に、こんなんで武蔵が取り押さえられう訳ありません。

と思いきや、刀を足で抑えて身動きを封じます。

あれ?そんなあっさり封じれるの?

肩も切られ、腕も使えない。足はマウントポジションと刀を抑えるので精一杯。

そんな本部先生の攻撃手段はーーー

頭突きでした(笑)

 

ゴッゴッゴッゴ

 

いい感じで頭突きを決めていきます。

しかし、相手はピクルのパンチでさえ耐えた男です。こんなズタボロの男の頭突きでどうにかなるわけーーー

あれ? 効いてる? 目の錯覚かな(笑)

頭突きをかましながら、本部先生はひたすらこのチャンスに感謝するのでした。

そして、武蔵の背後に周り、切りつけられて使い物にならなくなった左腕を口で固定しながら武蔵の首を締めるのでした・・・・

え? こんなあっさり決まっちゃうの?

 

これには観客もビックリ。 というか読んでいるこっちもビックリだよ(笑)

本部先生の最後の必殺技はまさかのチョークスリーパー!!

そして、武蔵の首をどんどん締めていきます。

武蔵も必死に刀を肩に振り下ろし、本部先生に抵抗します。

本部先生はこの攻撃に汗ダラダラになりながらも決して離そうとはしません。

これまでの闘いから、両足は言うことをきかない、肺は潰れている、鎖骨の分断、右腕も機能しないーーー

はっきり言って詰み状態です。しかし、こんな状態でも確実に武蔵を落とそうとします。

ここで話してしまったらもう、だれも守護れない。

そして、何より

 

「アンタをだ、武蔵さん」

 

本部先生は武蔵をも守ろうとしていました。え?何この展開・・・

そう武蔵の耳元で囁くと、武蔵の手に力がなくなり

武蔵が絞め落とされます。

 

「勝負あり!!」

 

まさかの勝利を飾ってしまった我らの守護キャラ!!

本来なら、すげーと絶賛する展開なのでしょう。うん、たしかに意表はつかれたよ。

でも、釈然としなさすぎな感じは一体・・・・・

本部先生がすごい強い感じは全くせず、むしろ武蔵がすごい弱体化したというか、いや、両者すごい弱体化したのかな?感がすごい。

いや、あの程度のチョークスリーパー位、今までの武蔵なら簡単に抜け出せたような・・・刃牙と同じように補正が切れたか?

武蔵が負けてしまったら次の展開はどうなるのだろうか。 武蔵が再修行し直してリベンジか?

それともまた、どっかからトンデモ人間を引っ張ってくるのか? ちょっとこの先が気になります。

 

スポンサーリンク

 - 刃牙道