気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

刃牙道 137話

   

刃牙道 137話の感想です。

まさかのヒラリーネタ掲載!!!

スピード的に考えてマジでトランプとヒラリー両方のネタを描いていたのか・・・

というか、これって前回のミヤネの回を挟む必要あったのか?

まぁ読む側としては普通にヒラリーネタも読めて嬉しいから別にいいんだけどね。

内容そのものは、トラムプの時と同様あってないようなもんですが、まぁ面白ければなんでも良いです(笑)

というか、今週よく少年誌でGOサインでたな・・・ ジャンプだったら普通にOUTですよ。

 

冒頭では久々に登場したストライダム。何やら、初っ端からある人物に警告を発しています。

まぁその人物は言わずもがなヒラリーことミセス・ヒナリー。

どうやら彼女もオーガに宣誓を誓いにやって来たようです。

ただ、トラムプと異なり彼女は勇次郎とまるで無関係の人間ではないので「大丈夫」と自信満々です。

その胸中にはトラムプの手から米国を救わなければならない気持ちがあるようです。

その為に勇次郎と接触しなければならないと・・・・

トラムプと違って勇次郎そのものの武力をキチンと把握している当り、まだましな感じですね。

とは言ってもその武力は麻酔銃で沈む程の武力なのですが(汗)

もし彼女がそのことを知っていたら多分宣誓にこなかったんじゃないかな(笑)

 

勇次郎がいる部屋のドアを開けるとあまりの光景に絶句をします。

その光景がこちら

%e6%b5%81%e7%9f%b3%e3%81%about

・・

・・・

・・・・

 

うそーん( ゚д゚)

 

どういうわけかヒナリーが目の前でふる勃起です。

本当にどういう状況だよ!! まさか、ドア前に女がいることを察知してこの状況なのか? それとも自家発電中だった?(笑)

すごいな、虎柄のパンツ一丁でもすごすぎる変態度なのにさらにその上を行くとは・・・

ヒラリーネタはあるとは思っていたけど流石にこの展開は予想できねーよ。どうしたらこういう発想になるんだ・・・・

ちなみに、ヒナリーが勇次郎と無関係でないのはヒナリー自身が妻であった江珠の友人であったことらしいです。

まさかの江珠繋がりとは・・・ ここへ来て懐かしい名を・・・

それにしても、今の勇次郎なら絶対江珠を殺さないよね。 昔に比べて穏やかになったな~

何気にキチンと江珠のことを想っていてほっこりします。

それにしても、冷静に考えてみれば丸出しで「犯すぞ」と脅迫する姿はまさに地上最強ではなく地上最低です

ギャグ的にはいいんだけど、これって勇次郎の品性そのものを滅茶苦茶下げるよね。ついこの間まで、ホテルにジャケットは必須とマナーを謳っていた人間と同一人物とは思えません。

あと、後半のヒナリーがトクンとしているところが過去最高レベルに気持ち悪かった(笑)本当に誰得な展開だ・・・・

結局のところ、局部丸出しという感じで終わり本当にマジで内容らしいものがなく終わった展開はある意味すごいな。

でも、普通に笑えたから全然いいんだけどね。

今週のインパクトが凄すぎて、もうあの本部先生VS武蔵の内容がすごい薄れてくる・・・・

この調子で武蔵編は本当に大丈夫なのか? まぁもう既に大分手遅れな感がするけど(汗)

スポンサーリンク

 - 刃牙道