気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

ケンガンアシュラ 170話

   

ケンガンアシュラ 170話の感想です。


アギトが意外と普通のメンタルでほっこり

まさか普通に落ち込んでるとは思いませんでしたよ。

最強闘技者がこういう苦悩があるのってなんか可愛いな。

 

ガオランとの対決も終わって、VIPルームへ帰るアギト。というより、なんで12階が「滅」表示になってんの?

乃木会長が頂点になったら「乃」表示になるの?

その表情は、勝者とはいえないほど沈んでいました。あまりの不甲斐なさについドアノブを変形させてしまうほど苛立っております。

ドアノブを見ると

%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%8e%e3%83%96

これを思い出す。 なんというか、このアギトだと普通に鎬紅葉に押されそう(笑)

ガオランとの勝負を決定づけた不意打ちでの顎打ち、そしてラストの大久保の複合技術。アギトは、このような真っ向勝負を捨てなければならないほどに追い込まれた自分を責めます。

 

私は”滅道の牙”を名乗る刺客があるのか?

 

とんでもない落ち込みっぷりです。まぁ、前回を除けばフルボッコ内容でしたからしゃーない。

ガオランとの最期の攻防。その時に、偶然にもガオランの右拳は砕けました。

(ぶっちゃけ前回の描写だと粉々って感じじゃなかったけどね(笑))

え? あれってわざと狙ったんじゃないの?
偶然ってあんた・・・・・・

ガオランの戦法は拳主体です。右拳が砕けたことはガオランにとって戦力半減どころではありません。

 

砕けた、はずだった。

 

しかし、前回では砕けたのにも関わらず相変わらずラッシュを叩き込むガオラン。あまりの猛攻にアギト自身は

 

「恐怖 」を見た。

 

これまで、多くの闘技者の心を折ってきたアギト。しかし、自らが近い状況に陥るなどとは夢にも思ってなかったでしょう。

(ただ、いくらなんでもガオランを持ち上げ過ぎな気がせんでもないですが(汗))

 

このアギトの状況についてラルマー陛下と話す滅道のじっちゃん。何気にこの二人が何事もなく和気あいあいムードなのは良かったです。

ラルマー陛下もガオランが破れてしまったことに対してはガオランを見限ることもなく、命がけの戦闘を繰り広げたことに対して誇りに思ってるみたいですね。

場面は変わって破れてしまったガオラン。普通に意識がしっかりしている当たり砕けた右拳以外は特にそこまで致命的なダメージはなさそうです。

最期で意識を奪われたアギトの蹴り。その間、ゆっくりと崩れ去る自分に対してアギトは十二分に追撃を与える時間はありました。もし、追撃があれば命を落としていたであろうと呟きます。

何にせよ助かったガオランは、まだまだ自分は上を目指せると意気込みます。

・・・・・これ以上強くなったら主人公の立つ瀬が(笑)

しかし、ガオランの右拳は砕け、感覚すらない状況です。ボクサーとしてはもう復帰は無理だと悟るガオラン。

・・・・いや、いけるんじゃない?(笑)

アギトとの攻防を見る限り、多分左手一本でも普通に最強な気が・・・・

というより、英先生というチートがいるので簡単に治りそう。

まぁ何にせよ、アギトとの闘いで全力を出したガオラン。その表情は実に晴れやかです。(アギトと偉い差だな(笑))

なんだかんだ言ってサーパインを好敵手と認め、この結果に悔いはないと言うガオランの精神的な強さが見えます。

サーパインは、ガオラン凄まじい強さ、最期まで戦い抜いた姿を見て吹っ切れたようにどでかい雄叫びをあげます。

 

俺はもう迷わねえッッ!!!

「覚悟」は決まったぜ!!!

 

どういう覚悟かはまだわかりませんが、死亡フラグが半端なくヤバそうな感じです(笑)

まぁこいつの場合は助かりそうですがね・・・・

そして、その因縁の東電の速水会長は、革命を始めるぞとものすごい大物っぷりを披露しております。この自信満々の笑顔がどこまで持つのか見ものです(笑)

少なくとも2回戦でこの人の闘技者を見る目はポンコツもいいところなのは分かったので3開戦以降もこのポンコツっぷりを存分に魅せてもらいたものです。

それにしても殿の言われっぷりが酷すぎて泣ける・・・

多分、あの三人の中で役に立っているのって別プランの準備をしてくれた殿(もとい天狼衆)ぐらいだからね。なのに捨て駒って・・・・

2回戦が終了したのでこれまた1回戦と同じように勝ち上がった闘技者を順々に紹介していく流れで終了。

はい、ここで久々のご登場の主人公である王馬さん。

なんか、1回戦の時と同様のデジャブが・・・

この人いつも気失ってんな(笑)

3開戦第1試合の二人がこんな重症でどうすんだって感じですがね。

そして、Tシャツ姿でご登場のムテバさん。こういうラフな姿のムテバさんもいいですね。

ぜひとも優勝してほしいものです(無理かな(笑))

後、若槻さんが顎に手を添えていかにも強者(まぁ実際に強者には違わないけど)ぽい雰囲気を醸し出しているのが妙に笑いを誘います。

この人、ずっと解説で汗ダクダクだったからね(笑)

 

今回は、意外にもアギトの精神的弱さが出ていて妙にアギトに親近感が湧いた回でした。逆にガオランが精神的に強くて対象的な二人だな・・・・

ただ、今後においてこの精神的に脆いアギトがどういう風に乗り越えるのかが楽しみです。

なんか、主人公より主人公っぽい立ち回りじゃないですかね(笑)

順調に進めば初見が相手ですが、もしガオラン戦での肉体的ダメージ量(まぁこれは何時も通り回復してそうですが(笑))、精神的ダメージを引きづったままだと考えると普通に負けそう・・・

ここは、なんとしても乗り越えて最強に相応しい感じになって欲しいです。

うん、やっぱりアギトのDブロックが最難関ブロックだな(笑)

スポンサーリンク

 - ケンガンアシュラ