気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

刃牙道 144話&145話

   

刃牙道 144話&145話の感想です。

当然のごとくなんの役にも立たないゴム弾

まぁ逆にこれで効果的だったらホントすごい展開だけど流石になかったか・・・

 

「矢の方が速い」

 

と武蔵にあっさりと三発同時に切られるゴム弾。

これで終わりだったら本当に笑えますが流石にそれはなく、機動隊の皆さんは次なる手を打っていました

放水車!!

・・・

・・・・

・・・・・

本当になんとかなるの? それで?

ゴム弾あっさりと正面から切り落とされているんだよ?

機動隊隊長は水なら切れまいと得意げですが・・・

案の定避けられます。

避ける

 

この図とかすごいシュールだな(笑)

むしろ軌道が決まっている以上避けることは武蔵にとっては造作も無いことであっさりと車ごとぶった切られます。

よくよく考えたら、車を真っ二つにするのですから鎖帷子くらい簡単に切れそうですが、そこは本部先生の鎖帷子がとんでもない強度だったのでしょう・・・・・

一民間人レベルの装備が機動隊装備よりも効果的というわけわからん状況だな(笑)

 

これを見て隊長は流石に焦ります。

というより人が切られている中でこいつら悠長だな・・・・

そんな中で隊長は何を血迷ったのか

 

自分たちの人数や装備が遥かに上だから武蔵に勝ち目はないよ

 

と意味不明な解説をします。

ご自慢の装備が通用しなかった後でのこの解説はほんと訳わかりません。

もう半ばやけになっているのでしょうか?

 

正直、この程度の装備、人数ではスペック相手でも問題なく突破されるでしょう。

と思ったその時、

テーザーガン

 

まさかのテーザー銃での攻撃。

これを見るのは初めての武蔵は思いっきり喰らってしまいます。

絶対ゴム弾の方が早いと思うので「なんで喰らうの?」とすごい疑問に思いますが、まぁきっと饒舌になって油断していたのでしょう(笑)

雷

・・

・・・

ま、それでも骨は透けないけどね(笑) どんなテーザー銃だ・・・

この辺は勇次郎が以前にギャグとしてやっているから今更大して衝撃を受けたにところが凄い。これだけ見たら絶対ギャグ漫画のシーンだよね。

まぁ既にギャグ漫画みたいなもんだけど・・・・・

勇次郎自体は雷に打たれてもなんともなかったので倒せるとは微塵も思いません。というより、今更テーザー銃程度の威力でやられたらショボすぎる(泣)

ただ、流石にちょっとは怯むとは思うのでその隙に麻酔弾を打ち込んでさっさと捉えればいいと思います。

やっぱり麻酔弾が最強だな・・・

スポンサーリンク

 - 刃牙道