気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

ジャンプ 2017年 14号

   

ジャンプ 2017年 14号の感想です。

ワンピース 857

一気に展開がすすんで面白いことに!!

ボビンさんを、撃ったのはカポネ側だった。

ここでカポネがビッグマムの首を取るために暗躍していたという展開に!!

そして、共に最悪の世代同士であるルフィと手を組むかもしれないという形になりました

・・・・すごい面白くなってきたよ!

ビッグマムを打ち取るためにはやっぱり手を熊ざるを得ないと思うけど、どうなるんだろう。個人的には手を組んで欲しいです。

この分だとプリンちゃんも下手すりゃカポネ側かもしれません。

あまりに強大になりすぎたビッグマムの軍勢でしたが、一つが裏切るとこうも崩れていくのか・・・

ビッグマム自体、普段の行動からあまり人望があるとはいえないので、下手すりゃ他のメンバーも巻き込んでいるかもしれません。

 

ブラッククローバー 第100話

こんなチート魔法どう攻略すればいいねん(笑)

今週を見るに、ナルトのイザナギみたいな感じですかね?

ただし、アレと違ってこれは特にノーリスクな感じもするけど・・・

アスタのアンチ魔法も通用しないという「それって魔法としてどうなの?」という凄いわけわからんことになっているけど、どう対処したいいんだろう。

まぁ猫に触れなければいいんだけど、肝心の猫はアンチ魔法もすり抜ける無敵っぷりです。つまり逃げるしか手段がない。(超スピードタイプなら延々と猫から逃げ続けられるのかな?)

流石に、仕様には膨大な魔力等が必要で回数制限がアリそうな気がします。

また、大勢の敵が相手だと触れなければ発動しない猫とは相性が悪そう。

ただし、一対一とか少数なら反則過ぎます。

バネッサさん自身には猫は触れまくっているのにもかかわらず、傀儡の血潮で操作されそうになっているところを見るとあくまで運命を操れるのは他者だけなんでしょうか?

食戟のソーマ 第205話

掲載順が最下位なんだけど大丈夫か?(汗)

まぁ磯辺の下だし、単に入稿が遅れた可能性もあるけど・・・

えりなさま

 

とはいっても今週はふんふんえりな様が可愛すぎました。

あと、今週で

教育者(笑)

 

何いってんの?(笑)

全然教育者じゃないよこのお爺ちゃん。只の放置プレーだよ。

教育という意味では、ハッキリ言ってお父様政権の方がずっとマシだと思うんだけど・・

この滅茶苦茶なお爺ちゃんを見ると、お父様政権って特に反対する必要性無いよね? 勿論、お父様自身人間性に問題が無いとはいいませんが、舵取りという意味では前の政権よりも明確にしっかりしていると思います。

 

火ノ丸相撲 第135話

兵藤さん

あれ、兵藤さんけっこういい感じな人だな。

バカっぷりはものすごいけど気持ちのいい馬鹿だな。素直に相撲を楽しんでいる感じがいいです。

この辺は加納さんとはまた違いますね。

それにしても、兄貴は普通にチヒロよりも才能があったのか・・・

でも、相撲に至っては国宝2人破っているチヒロのほうが普通に上な感じもするけど。

この試合はどっちが勝つか分からんな(笑)

これまでトントン拍子に勝ち続けているチヒロがここで負ける展開もありえそうだし、普通に兄超えで兵藤さんを下す展開もありだし・・・

どっちかな~?

 

左門君はサモナー 第71話

髪がほどけたアンリちゃんが可愛すぎる

アンリちゃん

これは、女神ですわ。

結構シリアスな展開でしたが普通に面白かったです。

アンリちゃんVSベルゼビュートも意外と普通にバトルやっていてビックリ。

あんりちゃん強い

ベルゼビュートの発言を見る限り、やっぱりアンリちゃん>ベルゼビュートみたいな感じ。というか、カス虫はベルゼビュートを召喚したことがなかったのか・・・

六柱も遊び感覚で召喚するんですからてっきり過去に召喚済みはおろか、顔すら見たことないのは意外でしたね。

ゾロアスター教の巻き込んでのことなのでブーヤン以外の悪魔も関わってくるのかな?

 

鬼滅の刃 第52話

 

いきなり七鬼月(実質六鬼月)になっちゃったよ(笑)

まぁ前回の流れで、退場する流れだったけどここまであっさりとやるとは・・・

普通、こういうのは累君がやられて次の炭治郎達の相手としてもうちょっと強い下弦の鬼達が出てきて徐々にレベルアップする流れだと思いますが普通に在庫一斉処分を行う無惨さん。

ボスとしては容赦なく、そして恐ろしい感じが出まくっていて実に良いです。 というか無惨さん強すぎね? そして畜生過ぎない?

冒頭で一番死亡フラグが出ていた下弦の陸はあっさりと食い殺されました。とはいっても普通に

下陸

名前を喋っている以上どっちみち彼はジ・エンドでしたね(合掌)

そして・・・・

下肆

 

どわー、この子もやられたよ(泣)ビジュアルが結構可愛かったのに残念。 というか、否定しても肯定しても殺されてしまうのでもう笑うしか無いよね。

下弦の參は、何が起きたかも解らず首チョンパで、下弦の弐に至っては0コマ死という快挙を遂げることに・・・・

響凱さんはよく剥奪だけですんだな。奇跡としか思えない・・・・

あの時は無残さんも中々ゲスいなと思いましたが、今回を見るとあの時の無残さんて優しすぎね?と錯覚を起こします(笑)

そして、余裕そうであった下弦の壱ですが、彼も普通に静粛対象に。

下壱

あ、この人もやばいやつだわ(汗)

無惨さんの血を更に与えられパワーアップを果たした下弦の壱さん。 これって炭治郎にとってはついてないですよね。 下弦最強で累君よりも強いであろう彼ですが、さらに血を与えられてしまったことからより撃破困難な鬼に・・・

今回の無残さんを見ると累くんってよく力を分け与えて鬼のコミュニティを作ることを許されていたな。やっぱり累くんは個別でお気に入りだったのかな? 恐怖で縛るあたり無残さんとも似たような感じだったし・・

パワーアップして上弦とはいかないまでも柱クラス以上にはなったのかな? 下弦の鬼なら3人でもなんとかいけそうな感じはありましたが、これを見るに流石にパワーアップした3人でも無理ゲーな感じがすごい。

しかし、下弦の鬼って累君でも普通にとんでもない強さだと思いますが、これでも無惨さんからみたら役立たずとすると上弦の鬼の中には元・柱である人間がいそうな感じもします。

結構バッサリと展開が進み、いきなり下弦の鬼がリストラという衝撃展開でしたが、同時に無惨さんの強さがとんでもないことにもビックリ。 こんだけ強いなら柱も纏めて倒せそうな感じもします。

わざわざ姿かたちを変えてまで、用心する必要があるのか? そして、以前無惨さんを追い詰めたであろう炭治郎の祖先?はどれだけとんでもない人間だったのか・・・

まぁなんにせよ

無残さん

 

今週の無惨さんは美しすぎる・・・もうずっとこのまんまでいいよ(笑)

スポンサーリンク

 - ジャンプ感想