気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

ジャンプ 2017年 19号

   

ジャンプ 2017年 19号の感想です。

僕のヒーローアカデミア No133

切島の最後のデザインかっけーな。

この人間と化物の境界線みたいなデザインが実にかっこいいです。

刃物人間

いくら自身を固くできると言っても、自分の硬度以上の刃物人間に立ち向かっていけるな・・・

高校生でとんでもないメンタルしているな。

それにしても、硬くなる描写の画力がすごい。本当に滅茶苦茶硬そう。

オールマイトのゴリ押しでいけというアドバイスは、アドバイスしているのか?(笑)という感じですが

これは見る限り単純な能力は案外それが一番確実かもしれません(笑)

ブラッククローバー 第105話

紫音の鯱団長は恰幅がいい人と相場が決まっているの?(汗)

なんというか前回の団長は見るからに悪党って感じでしたがこの人はどうなんでしょうかね?

意外とすごいいい人だったりして・・・でも、団長に選ばれるってことは団長就任以前でもそれなりの地位があったと思われるのであの団長の横暴がまかり通っていたと考えるとやっぱり微妙なのかな・・・

星数

 

なんだかんだいって金色の夜明け団がなければこの星の数も最高取得数ですのですごい躍進だな。-50とかマジで去年何やらかしたんだ(笑)

これで裏切り者を出したであろう紫音の鯱がマイナスになっていなかったらほんとにどうやったらマイナスになるのでしょうかね(汗)

前髪さん

すげー。前髪さんがこんな表情を魅せるなんて・・・多分この表情だと金色の夜明けが1位なのは仕方ないとしても自分のとこは2位だと思っていたのかもしれません・・・

食戟のソーマ 第210話

寧々さんかわいい(笑)

寧々さん

今回のこの表情がじつにいいです。

今からデレるのが楽しみです。

それにしても、一色先輩はのらりくらりとかわすなー。

すっかりと一色先輩のペースに陥っているぽい寧々さん。そりゃ、実力的に自分より上かもしれない相手にハッキリと格下と思っているソーマに負けると言われたら動揺するってもんです。

で、肝心のソーマは蕎麦を豪快に焼こうとしていますが、現時点だと普通に蕎麦を作っている寧々さんの方が美味しく見える(汗)

蕎麦麺で焼きそばを作るか・・・そういえばクッキングパパでもそんな料理合ったよね(笑)

 

火ノ丸相撲 第140話

うそーん、まさかのユーマさんが四方田さんと闘ってる(笑)

てっきり四方田さんの相手は部長とばかりと思っていたよ・・・・

それにしても、ユーマさん本当にイキイキしているな。

四方田さんは、天王寺さん、加納さんに評価されていますがこの分だと負けそうだな。

後、相撲と言うかこの面子なのかでは軽量級扱いされている感じですが何気に92kgもあるんですよね(汗)

190cm近い90kg超えですから普通にヤバイガタイだよね(笑)

痛そう

 

そんなユーマさんの渾身の突きを胴体ではなく思いっきり顔面に喰らうんだから体重差関係なく痛いよね。

このまま負けたら四方田さんが加納さんと同じになってしまう・・・・・・

左門くんはサモナー 第76話

前回の感動を返せ!!(笑)

すげー。前回の感動をぶち壊しやがったよ。でも凄い面白いよ。

前回と引き続き、今週一番面白かった左門くん。

とはいっても掲載順的にヤバイ状況は変わらない(笑) マジで終わってくれるなよ・・・

ベルゼブブさん、滅茶苦茶一途な漢じゃねーか。というよりこの人こんなにかっこよかったけ?

今週だけ見るとどう見てもカス虫が主人公とは思えないほどのカスっぷりとベルゼブブさんの漢っぷりが光っていた回だった。

カス

先週あれだけ熱い戦いを繰り広げておいていきなりこの落差を見せつけることができる主人公は後にも先にもこいつだけかもしれません。

まさか、ラスボスと面と向かって交渉するとは思わなかった・・・でもこの狡いもとい恥知らずな所実にカス虫らしくて最高です。

後、ベルゼブブさんはアンリちゃんが至高の好敵手といった感じだったけど他のルシファー、アスタロトといった支配者達はそこまで好敵手ってわけではないのだろうか?

まぁ仲間内だから争うわけにも行かないけど、ここまで言い切っちゃうと武力が一番強いのはベルゼブブさんなのかな?

本当に今週はギャグというか構成力がすごい高かったな・・・・

 

 

鬼滅の刃 第57話

炭治郎と善逸&伊之助の精神状態の差が酷すぎる(笑)

炭治郎の精神

炭治郎

 

伊之助の精神

伊之助

 

善逸の精神

善逸

 

本当に炭治郎は、すごい心の持ち主だな。これから精神を破壊しようとする人でさせあまりの壮大さに驚かされているんだもん。

逆に伊之助&善逸はある意味人間らしいというか、そりゃそんな聖人君子じゃないから無理はないけどね。

伊之助はともかく善逸の精神は軽くホラーの要素がでております。

帰れるのだろうか

果たして彼は、夢を見させてもらえる以前にこの善逸精神から生きて帰れるのだろうか・・・・・

魘夢さんは、あくまでこの状況は所詮時間稼ぐ程度にしか思っていないみたいで本命は別の策みたいですね。

この時点でほぼ詰みもいいところなのですが端から期待していなさそうなのが逆に恐ろしい・・・

ラストの頸を掻っ切ろうとする炭治郎の表情は血気迫って良かった。家族との別れもそうだけど表情がそれをすごい感じさせるよね。

スポンサーリンク

 - ジャンプ感想