気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

刃牙道 154話&155話

   

刃牙道 154話&155話の感想です。

ここで花山薫が来るとは思わんかった・・・・

これは、喜んで良いのやらすごい複雑な気持ちになります。

これで花山と武蔵がバトって花山が烈海王の二の舞いになったりしないよね? (流石に外伝があるから死なないと思うけど)

ぶっちゃけ現時点の貫禄というかオーラ的にはどう見ても武蔵が花山にワンパンされてもおかしくないほどの差がありそうですが、実際に戦ったら最終的には花山が汗ダクダクになるんですかね・・・

それにしても、警察も酷すぎるな(笑)

前回で国家武力負けたのかと凄い肩透かしを喰らいましたがマジで敗北したとは・・・

ぶっちゃけ本部先生の不意打ち攻撃をバカスカ喰らったりスタンガンも簡単に喰らうような人間なのですから、捉えるなんてどうとうでもできそうですがね・・・

自衛隊は目立ちすぎるからNGって、もう十分すぎるくらいとんでもない事態になっているよ。

そんな目立つの嫌だったらあの麻酔銃の人呼んでさっさと仕留めてもらえばいいと思います。というか、前回のSTATの皆さんがあまりにも弱すぎたので全然武蔵の株があがらないような。

勇次郎は、例え麻酔銃でOUTでもなんか普通に国家武力と渡り合えても納得できるような感じは長年の説得力の差なのかな。

(まぁ実際には狙撃でアボンだろうけど(笑))

 

後、この時点での花山ってまだ19歳だったんですね(汗) となると最強トーナメントから全然月日はたってないのか・・・

最強トーナメント→死刑囚→中国擂台→アライJr→ピクル→親子喧嘩→武蔵って流れですが、これが一年未満の間に起こったとしたらトンデモナイ密度だな(笑)

もちろんマンガ自体はとんでもない巻数になっているのでむしろ密度的にはめちゃ薄いんだけどね・・・・

そしてたった一年にも満たない間にラスボス級からそんじょそこらの強い人レベルまで落とされたジャックは泣いていいと思う。

 

花山VS武蔵ですが、まぁ本音を言えば花山が武蔵に勝って欲しいところですがそうはならないよな・・・・

どうせなら握撃を噛まして武蔵の腕どころか刀までへし折って欲しいところだけど。 というか本当に花山VS武蔵になるのかな?

早く本部先生復活して下さい(笑)

 

後、徳川のじっちゃんはもうどうしようもないのでさっさと逮捕されないかな♪

 

 

 

スポンサーリンク

 - 刃牙道