気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

ケンガンアシュラ 186話

   

ケンガンアシュラ 186話の感想です。

次で決着かな?

ここまでの経過を見ているとむしろよくここまで食い下がれたなと思うほどコスモが強いです。

これまでのコスモが王馬さんに大して主導権を握っていた理由が明かされました

 

反射神経+先読み

 

どちらも阿古谷、金田といったオリジナルには遠く及ばないコスモはこの2つを組み合わせることによって彼らとは別方向の強さへと持っていったのでした。

この場合先読みはまぁわかるけど、コスモってそんなに反射神経よかったのかな? まぁゾーンのタイミングを見極めている以上、悪いわけ無いとは思いますがね。

ある意味では、格闘における基本的な部分を極めた感じです。相手の動きを読み、動作前に抑えるという理想形です。これができればほぼ無敵だよね。

体格・筋力共に今大会では最低ランクであろうコスモにとって、こういった方向でのパワーアップ手段は自然でいいです。

(理想は阿古谷が先読みを会得できたら体格的にもそりゃ最強なわけで。まぁあの人本来の戦い方だと暴走して正義しか考えられないから先読み使うほど頭の余裕がなさそうだけど(笑) 檜山ちゃんが阿古谷にとった戦法は性格的に考えて理想だったわけですね。)

ある意味無敵に近い技術で王馬さんを制そうとするコスモ。 王馬さんも必死に腰を振りまくって解除しようとしますが、そこは寝技では王馬さんの上をいくコスモは巧みに主導権を話しません。

回想でアダムの親父がでておりましたが、こりゃまたわかりやすいほどアメリカンというか西武劇場な感じな人ですね(笑)

むしろアダムより親父の方が強そうです。

あまりにも激しすぎる動きをしまくっていた王馬さんはとうとうスタミナ切れを起こしてしまいます。 以前、水中で人外すぎる持久力トレーニングを行っていた王馬さんならぶっちゃけ後一時間位は動けそうだけどね。まぁ怪我人だししゃーない。

もう、ゼーゼーハーハーとダウンしそうなくらい披露しております。これこそコスモの戦略通りでしたが、そこは主人公です。鉄指を用いて窮地を脱します。

今の王馬さんならそのまま肉を千切れそうだけど、普通に痛い程度に終わるのか・・・ これが理人だったらゼロ距離レイザーズエッジで一発逆転できそうだけど。

ここでようやく金剛以外の型である操流を使用しますが発動前に止められてしまいます。 流れ的にはコスモになっていますがここで、

 

「お陰で体力を使い切れたぜ」

 

とこの先に奥の手があるとばかりに反撃に転じようとする流れで次回へ続きます。

まぁこれで負けたら、そりゃ王馬さん何やってんの?ですが、体力を使い切ってどういった技に繋げるんですかね・・・

そういえばダイの大冒険でアバン先生が

「人間ムチャクチャ疲れると一番ラクな動作をしようとするもんなんです」

と言ってましたが、そんな感じでとんでもない力を発揮するのかな?

ここまでで寝技で圧倒されているから寝技でフィニッシュすると面白いですが、やっぱり打撃一発で粉砕するのも期待してしまいます。

いずれにせよ、この流れだとコスモのターンは終わりだと思います。 まぁこの2人の対決はあまり期待してなかったですが、ここ数週見ると中々スピーディーで「あれ、普通におもしろいな」と思いました。

お互いこの大会では軽量級の部類ですから、重厚な殴り合いは無理だしね。(王馬さんは奥義見てる限り若槻さん以上な破壊力もってそうだけど(汗))

そういった勝負はやっぱり次のムテバさんに期待かな♪

スポンサーリンク

 - ケンガンアシュラ