気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

ケンガンアシュラ 187話

      2017/06/07

ケンガンアシュラ 187話の感想です。

これは抜け出すの厳しいな・・・

首、腰、足の3点でガッチリと固定されているら下手に動けば余計に締まるというほぼ罪状態です。

まぁ雷庵とかだったら力づくで無理やり逃げそうだけど、コスモは流石に無理じゃないですかね?

この状況は、コスモが阿古谷に行った時と同じで今度は自分が必死に絞め技から堪える番になってしまいました。決まるまで5秒ちょっとですが、次はまるまるこの5秒を描くのかな?

そうなると、中々動きがないからどう魅せるんだろうか。まぁ画力が半端ないからそのへんは全然心配してないけど。

奥義習得の際でムカデを食いまくっていた王馬さんでしたが、やっぱりあのガタイでたかだか昆虫程度の栄養では全然エネルギーが足りなかった模様。まぁそりゃそうだよね。

そんな中でもうエネルギーが限界まで底をつきましたが、ここで不思議にも体が妙に軽くなり動けるようになりました。

 

「極限までエネルギーを消耗すると予備バッテリーが作動するんだ」

 

と回想で二虎が解説します。

ムテバさんも言っていましたが、正体はオートファジーでした。トリコでも当たり前のようにやっていたあれですね。

唐突にオートファジーが出てきたら正直「うん?」って感じはしますが・・・

そして、王馬さんの状況を見て一発でオートファジーと理解したり、アフリカの傭兵なのに「葉隠精神」を言っていたりムテバさんの教養ってすごいな。素直に今週ムテバさんが出てくれただけでも嬉しい(笑)

こういう理知的な感じを醸し出すと益々初登場時の脳筋まっしぐらな印象が薄れてきます。 なんか今のムテバさんってスーツの見た目がかっこよすぎてどっかのエリート商社マンに見える(笑)

まぁ自食作用が働いたところでこんな見違えるように動けるわけ無いと思いますが、そこは漫画なのでハッタリ的にはいいんじゃないでしょうか。

でも、スタミナ切れで予備バッテリー作動だと今後の闘いでスタミナ切れを狙うって無理そうだな。皆オートファジーしそう(笑)

そんな訳で復活した王馬さんでしたが、火走における鉄砕も見切られ、挙げ句の果てには雷庵戦でしか使っていない水燕すらも捌き切るコスモ・・・

黒木戦でも一応見ていたけどたった2度見ただけでこんなにも簡単に裁かれるって、コスモがすごいのか逆に水燕が思った以上にしょぼすぎるのか分かりません(笑)

でも、その2つもあくまで本命ではなく絞め技までの繋でした。瞬時にコスモの首をとり、水天の型・水龍脈で一気に決める王馬さん。ここまで中二的な技名だと一周回ってかっこいいな(汗)

まぁ若槻さんは40歳で爆芯なんて名付けちゃうからそれに比べたら全然マシだけどね(笑)

今回は王馬さんペースでようやく主人公らしい見せ場でした。水見たくヌルっと相手をくぐり抜けるのって水天の技なのでしょうか? 描写見てると普通に大量の汗で滑っているようにもみえるけどね。

そういえば審判にバレなければ拳願試合は油やクリームなんて塗ってもいいんだろうか? なんか絶滅トーナメントだと直前でボディチェックしている様子がないからバレなさそうだけど。

流石に次で決めなかったら結構蛇足な感じがするのでスッパリと王馬さんには決めてほしいです。これで実は汗で滑って極まりませんでしただったら泣きたくなりますが。

正直、喉元を掴んだらそこに鉄指をぶちかませばその時点で勝負アリだけど流石にコスモが目も当てられない状況になりますしね。まぁ絞め技を得意とする相手に絞め技で倒すってのは王道的でいいけどね。

というか、はやくムテバさんの試合が見たい・・・・

スポンサーリンク

 - ケンガンアシュラ