気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

ジャンプ 2017年 32号

      2017/07/16

ジャンプ 2017年 31号の感想です。

ワンピース 871

やべーやっぱりビッグマム強いわ・・・・

 

今回カタクリとイチジのバトルが実現しましたが、大した描写もあっさりとイチジが負けてしまった・・・・

あれ? イチジはジェルマにとっては改造人間としての完成度としては凄かったはずなのですが意外と弱くね?

これは、四皇幹部はやはり別格すぎるということか・・・・

ジャッジはジャッジでビッグマムに正面から挑みますが、叶うわけもなくこちらも瞬殺(笑)

ニジ、ヨンジもマムにやられ、ルフィ、サンジも完敗・・・・

これはもう詰み状態ですな。

CP0

 

ステューシー普通にCP0だったのか・・ということは他にもサイファーポールがいたりするのかな?

さて、ラストの玉手箱の大爆発ですが、確かにすごい爆破なのですが半径2kmを吹き飛ばす爆弾と比べるとねぇ・・・・・

こんな爆発じゃビッグマムにかすり傷すら与えられないのでは・・・そもそもワンピースの世界で爆弾で死ぬとは思えないよ。

まぁこれで城が崩れ落ちると思われるのでこれで逃げる隙は生まれそうです。

 

 

ハンターハンター 第363話

ベンジャミンさん念能力者だった!!

今週でなんかさらにベンジャミンさんが好きになりました。

すげぇ直情的だけどキチン状況判断できる脳みそも持っており何気に部下からの信望も厚い。これは王の器ですわ。

そして、おそらくベンジャミンさんだけでなくご自慢の施設兵も全員能力者だと思われますので、兵力、情報戦共に他の王子の数歩先を行っていました。まぁ情報戦に関してはクラピカのファインプレーで差は微妙になってしまったけどね。

そして、なによりベンジャミンさんが念能力者ということで以前ツェリードニヒが「無知の不知」とどや顔で言っていましたが、その見下していたベンジャミンさんが情報戦でもずっと自分の上だったことが明らかになりまさかのツェリードニヒ(笑)という事態です。

これは恥ずかしい(笑) クラピカのファインプレーがなければ多分ツェリードニヒは下手すりゃこの段階でベンジャミンさんにぶち殺されていたかもしれません。そうなると今まで悪意が凄いとか中々大物風を出していたツェリードニヒが小物にしか見えなくなる(汗)

 

今思えば念すら知らないのにバリバリの武闘派で念能力者であるベンジャミンさんに挑もうとしていた自分こそが身の程知らずでしたね。

 

継承戦ですが、今週では冗談抜きでカミーラは論外すぎることが分かったし、他の王子ではそもそも兵力差や元々念について知らなかった無知さから普通にベンジャミンさんが王なら丸く収まるんじゃねーの?

それくらい今回はベンジャミンさん株の爆上げ回でした。

裸

 

まぁ脱ぐ意味がわかりませんが(笑) しかもその後普通に着替えているしね。 改めてみると筋肉スゲーな。

これで念能力者だから下手すりゃウボォークラスの力あるかもしれません。

雄々しい

うん、雄々しいのはわかるよ。というか頭の形がまんまぺ〇スだからね。先週から思ってましたがデザインが卑猥すぎる(笑)

 

今週でテータが普通に生きていてよかった。ツェリードニヒは普通に念習得に励んでいるようです。念習得ともなれば恐ろしく集中力がいると思われるので習得中は案外おとなしくなるかな?

ラストのベンジャミン私設兵ですが、念能力者と思われバリバリの武闘派なのでクラピカはともかくとしてビルには荷が重そう・・・・

 

僕のヒーローアカデミア No144

ここで回想か・・・

できれば前回までの熱い流れだったのでここは今週でガツンと必殺の拳をぶつけて欲しかったと感じられずにはいられないです。(汗)

切島君の回想はなにげに結構葛藤が重そうだな・・・

でかい

 

正直、こんな巨大マンを見たら尻込みたくなるのも無理はないです。

ヒーローとしての心構えは大事だけどやっぱり自分の命あっての物種だしね。

それにしても、この人はどういった用事だったのだろうか?普通に考えたらヴィランでヒーローに報復って感じだけど、案外本当に善良な一般人だったりして・・・

まぁ善良な一般人があんな壁をミシミシやったりはしないか・・

食戟のソーマ 第222話

 

ラーメンは戦闘の道具じゃない!!!!

チャーシューブロー

 

いや、画像はあくまでただのそういう表現であって別に女木島さんの言葉を否定しているわけではないのですが、やっぱりこの画は笑えますね。

麵とチャーシューがビシビシとボディーブローを打っていくとか・・・

そのうちどっかのテニス漫画みたいにこういったバトル描写が多くなったりして (^^;

ある意味すごい

 

すげーな。反逆するすべての店の仕入れ先に圧力かけるとかそんな資金どっから出ているんだ(笑)

というより、ラーメンといえばもう日本では無視できないほどの大衆食ですよね。そんなラーメンに対しても敵に回すとは・・

流石はお父様です。身の程知らずにもほどがあります。

多分こんなことを続けていったら十月は破産するんではないだろうか

せっかく生徒に対する教育は結構良さげな感じなのだろうから、経営面ではもうちょっと現実的になんとかしてほしいです。

火ノ丸相撲 第151話

これは泣いても仕方ない・・・

今週も凄かった。

久世くんに勝ち、文句なしの優勝を決めた潮。

体格面では当然勝負にすらなっていませんでしたが、それを積み重ねられた鍛錬、心、そして仲間たちがいたからこそ勝てたのは本当にジャンプの王道を地でいっているな・・・・・

最後の最後の涙は今までの描写の集大成とも言えるほど素晴らしいものでした。

スポーツ漫画ではどうしても地味って印象が強い相撲でしたが、少年漫画でここまで迫力があって熱い展開を魅せてくれたのは本当に凄いと思います。

 

シューダン 第5話

主人公が中々大人っぽくていいな

主人公

見た目は結構主人公らしくてわんぱく系ですが、認める所は認めるし、なだめる所はなだめるといった大人対応です。

口悪すぎ

おおぅ・・・前回でもそうでしたが中々辛辣だな・・

きっとこれは試合で晶ちゃん達のことを認める前フリだと思いたい。

まぁ口だけだったらただの糞野郎なのですが、今週のことから実力もまぁまぁあるっぽいのでサッカーに対する姿勢は一応ホンモノなのかな?(それにしても態度が酷すぎだけどね・・)

それにしても女子から総スカンって本当にすげぇなこの子・・・

逆にこんな扱いされても、強気の姿勢を変えないってことはトンデモナイ鋼のメンタルを持っていると思います。

 

鬼滅の刃 第73話

煉獄父号泣・・・・

煉獄父

流石に心の中ではやっぱり思う所はあったか・・・・

これは親父さんが炎柱として再起の可能性あるか!? 親父がアカザと戦うことになったらそれはそれで熱いです。仮にも柱となって生きたまま引退しているのですから技も相当なものだったはずです。むしろ肉体的には劣っていても技術面では煉獄さんより上な可能性もあります。これを機に復帰してほしいな~

さて、そんな親父さんにビリビリに破られた手記。千寿郎君はうまく復元してみせますとかいっていたけどこれを復元できたら別の意味でこの子は才能が凄いと思う。

手記には「段々と弱く」と書いていましたが、これがどういう意味をもつのか・・・使うたびに肉体に負担をかけすぎて最終的には戦うことすらできたなくなるのか・・なんか不吉な言葉だな。

煉獄父の涙もあり中々良い余韻で今回は終わりかなって思っていましたが・・

37歳(笑)

上弦の壱かな?(すっとぼけ)

なんか、今まで出てきたどの鬼よりも威圧感が凄すぎるんですが・・・・・

肉体を走る血管?がすごくてもう素手で人間どころか鬼すら引きちぎりそうな勢いです(笑)

もう任務のたびに炭治郎が刀を折るor紛失するので段々と様式美になりそう。

スポンサーリンク

 - ジャンプ感想