気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

ケンガンアシュラ 195話

   

ケンガンアシュラ 195話の感想です。

 

ムテバさんが脱落してしまった・・・・

 

この分だとリザーバー復活も期待薄かな。

あまりにもあっさり過ぎる決着でした。

やはり傭兵としての本業があり、高リスクは犯さないムテバさん。

まぁ理由としては納得できますが、やはり関林戦で戦士としてのムテバさんを匂わせていたのですからやっぱりそのムテバさんを見たかったな~

逆に言えば若槻さんは関林と異なり、そこまで熱くさせる男ではなかったのかな?

 

ちなみ若槻さんが首が無事な理由は、貫く瞬間に思いっきり首筋を力んだから無事だったもようです。

・・・・・もうここまで来たら筋肉を締めれば、なんでも耐えられそうです。関節攻撃も今の若槻さんには全く通用しなさそう。

こんな訳ワカメな筋肉体質なんですから、もう打撃技でもこの人仕留めるのって無理じゃん。 過去にアギトがブチ折ったであろう足首ですが、この超人っぷりを見るとよく折れたな(笑)

 

「怒るなよ ベストは尽くしたんだ」

 

相変わらず素敵な笑顔で爽やかにとまり社長に言うムテバさん。骨折しているのに相変わらずファッションがかっこよすぎる・・・

当然とまりちゃんは激おこです。

喚き散らすとまりちゃんに、ムテバさんは直通番号と一回だけ依頼を無料にしてあげることでなだめます。

なんとかこの場は収まりますが、これでムテバさんが退場なのはやはり寂しいですね。

なんかまた一騒動あってとまりちゃんがさっさとこの無料券を使ったりしないかな?

それにしても、ムテバさんがリタイアか・・・・正直残った闘技者で魅力的なのって今のところ黒木くらいしかいない(汗)

アギトや王馬さんは今後次第で魅力が回復するかもしれないけどね。

 

次は黒木VS御雷ですが、その際に舞台裏でもう一つ戦いが始まろうとしていました。

 

4代目滅道の牙 王森正道  VS  5代目滅道の牙 加納アギト

 

アギトはガオラン戦でフラフラだったし、ほぼ底を見せてしまった感が強かったですが、ここへ来てそれまで順調すぎたせいか脆さが出てくることを指摘します。

トーナメント前でも157戦以上は戦闘を行っているのですから経験不足ってことはないかもしれませんが、ガオラン戦を除けばそれまで圧倒的な力でなぎ倒してきたであろうアギト。

大久保戦でも苦戦はしましたが、適応してからは一蹴する等、追い詰められた経験がほぼ皆無だったのでしょう。

そのため、出場者の枠をかけて王森さんとバトルすることになったアギト。

この展開は非常に燃えます!!

 

でもなんでこんな直前に戦うんだよ!!(笑)

 

いやいや、なにやってんのこの人たち。 もう黒木の仕合が終わったら次なんだよ。

ナレーション的にほぼ黒木との仕合中でのバトルですから下手すりゃあっちの仕合が終わっても牙同士の戦いが終わってない可能性もあるでしょう。そしたら不戦敗だよ(笑)

なにより、牙同士だから二人とも無事じゃすまないんじゃないの? 直前にこんな消耗戦って・・・・

せめて、もうちょっと早めにできなかったのか (^^;

まぁここは、王森さんがアギトの自信を取り戻すために戦う感じだと思いたい。

王森さんが普通に勝って初見と戦ったら笑うけど・・・・

 

 

 

黒木と御雷ですが、2回戦のお互いの内容や周囲の反応を見る限り普通に黒木が数段上な感じがします。

というより、あの桐生を普通に撃破していますからね。 どう考えてもこのトーナメント最強格の一人でしょう。

対する御雷は相手が超耐久とはいえサーパインに結構苦戦しており、速度以外では攻撃力やタフさも考えて今までのトンデモ人間たちに比べたらそこまで驚異的には感じないんですよね。

打撃技術なら黒木やガオランに及ばなさそうだし、寝技もストライカーのサーパインに簡単にクラッチとられるし、体格も今大会では下から数えたほうが早い。

そもそも、経験数から黒木なら雷心流の戦法も知っていそうですし。正直、これで御雷が勝てたらビックリです。

スポンサーリンク

 - ケンガンアシュラ