気の向くままにお気に入りのマンガ感想ブログ

お気に入りのマンガの感想・解説ブログです(ネタバレありです)

ケンガンアシュラ 196話

   

ケンガンアシュラ 196話の感想です。

黒木の強者感が相変わらずとんでもない

 

御雷も強いことは間違いないんですがやっぱり描写の格が違う・・・・

もう、周りの雰囲気からこいつが「ラスボスじゃね?」感が凄い。護衛者も普通にビビってるしね(汗)

今までの仕合の流れを考えたら、順当に黒木が勝つと思いますが、雷心流はどこまで善戦できるのか。

スピード合戦なら御雷に分がありますが、頑張ればサーパインでも捨て見込みでなんとか善戦に持っていけたので黒木相手には簡単に裁かれそう。

今のところ速度以外だと、力、技術、経験ほぼすべて黒木が上をいってそうなんですよね。

お互いのケガ状況は、黒木は指をへし折られているが言動から多分無問題っぽい。(あんだけバッキバッキに折れてたら鍛錬してようがダメなはずだろと思うけど・・・)

御雷に至っては、腕に軽いヒビ、あとは足にサーパインのローを食らいまくってたところ。正直明確に折れた描写もないので、まぁこの漫画だと一日も休めば多分全快しているでしょう(笑)

 

お互い似たり寄ったりかな・・・・ 2回戦メンバーでは初見に続いてそこまでダメージが目立たない二人なのでこの戦いでどっちが勝つにしても手痛いダメージを食らうのか分かりませんが、アギトにせよ初見せよ、黒木が勝ち上がるんならここでダメージを負ってもらわないと厳しそう。

 

今回でようやく桐生が動き出しましたが、なんで御雷の所へ襲撃したのかな? 対して黒木の所には襲撃してないし・・・・

もう2回戦時点で黒木にはどうやっても勝てないと踏んで、まだ勝てる可能性がある御雷の所へ行ったんだとしたら流石に情けなさすぎるからないと思うけどね。

このままよくわからない無差別攻撃を繰り返していくんでしょうか?

 

しかし、あんだけのマッチョメン達が簡単に捻じられているのを見ると本当にどんな原理でああなるんだよって思っちゃいます(笑) 若槻さんも人外すぎるパワーを披露してくれましたが殺傷力を見ると正直あんな筋肉いらないんだなって感じになるから羅刹掌のコスパって凄い。(ただ捻りを加えただけでああなるんだからね。)

桐生の筋力や細腕でああなるんだから仮に若槻さんが羅刹掌を会得したら人間なんて原型残らないと思います。 爆芯なんていう負担がデカすぎる技よりも羅刹掌を習ったほうがよかったかもしれません。

 

今回であっさりと桐生に葬られた3人のマッチョマン達は、どれほどの腕だったのでしょうかね? 理乃さんが護衛に選ぶってことはまぁまぁ強いとは思いますが、3人まとめて瞬殺ってことは黒木相手だと対峙しただけで戦意喪失しているかもしれません

正直、桐生の襲撃はもちろんですが黒木VS御雷よりもアギトVS王森さんの戦いのほうが気になってしまう。

スポンサーリンク

 - ケンガンアシュラ